Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

探偵事務所5 5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語 

昨今の邦画の質の良さに、素直に映画ファンの
僕としては嬉しい。
だけど、邦画低迷期に頑張っていたあの人の名前を
最近聞かないなあと思っていたら、ついに
スクリーンに帰ってきてくれました。
(「私立探偵濱マイク」から約8年ぶりとなります)
しかも待望の「探偵物」ときた。

林海象 監督・脚本・製作の
「探偵事務所5 ~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語 」

c0033213_3455383.jpg


舞台は、創立60周年を迎えた「探偵事務所 5」の本部のある川崎。
まずは「つかみの話」が面白い。
ここで早くも林海象 ワールドにはまってしまった。

さて、この映画は2話構成になってます。

まず第1話は、新人探偵591(成宮寛貴)の登場です。
本名は小林義雄ですが、この仕事では本名を名乗っては
いけない。5から始まる3桁の番号でお互いを読んでいる。

さて、この591の初仕事とは?

この探偵事務所の会長の「500」(宍戸錠)の孫にあたる
女子高生の瞳(貫地谷しほり)から、親友が2ヶ月前に突然
いなくなったとの話を聞いた。
新人にはなかなか仕事がこない。
難事件を解決して、探偵として箔をつけたい、
そう思い、この事件を無理やり請け負う事にした。
また失踪した親友は、「楽園に行きます」という意味深な
メールを残していた。
「楽園」って、何なの?どこにあるの?
果てして、新人探偵は無事に事件を解決出来るのか?

続いて第2話は、探偵番号522(宮迫博之)の登場。
本来は浮気調査が主な仕事だが、591が手がけた事件の
背後を長年追っていたのだ。
591と瞳の無理やりな協力を得て、段々、背後の実体が
明らかになったきた。

両方に関係してくるのは、カイン美容外科。
この美容外科、かなりあくどいんです。
医療ミスや多発する訴訟問題など、胡散くさい噂が多いのですが、
決定的な証拠がない為、警察も入っていけない。
だから何とか証拠をつかもうと522は頑張っていたのだ。

この美容外科で、外科医の第1人者の村山を演じるのが、
田中美里。
整形外科手術で、人を別人にする事に生きがいを感じている
という、かなり危ない医者なのだ。
田中美里さん、この役を生き生きと演じているから、とても怖い。

また、探偵仲間に重宝される鍵屋の錠(矢島健一)の存在も面白い。
何でも彼には開けられない鍵など無いという。
姿、格好も「あしたのジョー」の矢吹ジョーにそっくりで、オールドファンを
楽しませてくれる。

c0033213_4341424.jpg


さてさて、映画の方ですが、この探偵スタイルも ↑↑↑
(こんな格好してたら、余計に変だぞと思いますが)、
昔ながらの探偵物と云う事で納得しないとね。
探偵の秘密道具や、お約束のコネタも(探偵スナックなど)
次々出てくるので、探偵物好きにはたまらない演出ですね。

注目は522を演じた宮迫博之。
本業のお笑いより、役者稼業の方が忙しいんじゃないの?
というぐらい、映画やドラマに出てますが、味があっていいですね。
堅気じゃない探偵という役柄にぴったり合ってますね。
セリフも良いんですよ。
なかなか口を割らない591に向かって、
「いいか、命より大事な秘密なんて無いんだぞ!」と
言い、殴りつける。
しかもスーツとスカジャンのリバーシブルを着ている。
(普通ないだろ?そんなの)

c0033213_555639.jpg
佐野史郎、永瀬正敏など林海象映画には
欠かせない俳優も顔を出していますよ。
(思えば、監督のデビュー作「夢みるように眠りたい」
も探偵物でしたね。佐野史郎主演)




音楽もよく、僕はかなりご機嫌になりましたが、
テンポが少し遅いかなと。
テンポの速い映画になれている(今時の若い?)人は、
このテンポをどう受け止めるかな?
(僕的には、好きなテンポですが)

何でも、インターネットで、この「探偵事務所5」は
全26話の物語として配信中。
こちらを見てから映画を見るのも良いかも。
毎話、違った探偵が出てくるとの事。
また、映画では顔だけの宍戸錠さんもきちんと
動いているらしいですよ。

最後に、591の本名が小林義雄ですが、
なぜ、小林か分かりますか?

探偵と聞いて、ピンとくるはずです。
実はあの人の孫という設定なんですね。
なんとも心憎いですな!
[PR]
Commented by ライオン at 2005-12-13 17:48 x
思い出しますね。林海象ですか。本当に懐かしいですよ。
だいぶ以前ですけど、池袋の文芸座でした。あの地下の客席でスクリーンを眺めていた頃を、懐かしく思い出しました・・・。
モノクロの風景の中に、佳村萌が浮かんでいましたね。
Commented by fyamasan at 2005-12-14 04:00
>ライオンさんへ

コメントありがとうございます。
僕も予告編で久しぶりに名前を聞いて、びっくり&嬉しかったですね。
探偵物以外でも何か映画を撮って貰いたいです。
by fyamasan | 2005-12-10 05:13 | 映画 | Comments(2)