Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

悪役レスラーは笑う

大晦日、プライドでの小川VS吉田、
K-1でのキッドVS元気と、総合格闘技、K-1の
勢いに押されぱなっしのプロレス界。
話題になったのは、新日プロレスの身売り話とは、
なんともお寒い状況。

c0033213_231100.jpg

そんなプロレス界ですが、面白い本を見つけました。
タイトルは、
「悪役レスラーは笑うー「卑劣なジャップ」グレート東郷ー」


皆さんは、グレート東郷というプロレスラーをご存知でしょうか?
おそらく名前がかろうじて出るぐらいでは、ないでしょうか。
しかし、皆さんは、グレート東郷を見ているのです。

今年の邦画の傑作の一つ「ALWAYS~3丁目の夕日」にも、
その映像が使われています。
昭和の街頭プロレスでいつも映像に出てくるのが、
力道山が空手チョップで外人レスラーをなぎ倒す場面と
フレッド・ブラッシーが噛み付いて、対戦相手が血だるまになって
いる場面だと思います。
この噛み付かれて、血だるまになっている男こそ、グレート東郷なんですよ。
(血だるまで分かるかよ!と突っ込まれそうですが)

グレート東郷は日系人であり、第2次世界大戦後、アメリカで
悪役レスラーとして大活躍し、巨万の富を稼ぎ、初期の日本の
プロレスを支えた一人なんです。
ただ、この東郷さん、その生涯はかなり謎に包まれています。
日系人だが、母方が中国系だったので、戦争中は、日系収容所の
管理人をしていたと云われ、巨万の富を稼いだ事から、
お金に汚いやつ、守銭奴と呼ばれたりして、いい評判が
無い人だったのです。

でも、本当に、そんなお金に汚い奴なのか?
力道山は、東郷に一目置いた扱いで接しており、そのことからも
彼がただのお金の亡者とは違うことがわかります。

このグレート東郷とは何者なのか?
プロレスに興味ある人はもちろんですが、謎に満ちた生涯を送った
人間に興味ある人にも、オススメですよ。

c0033213_2291558.jpg

さて、このグレート東郷に一目置いていた力道山、
彼の生涯を描いた映画が、来春公開されます。
映画「力道山」

力道山を演じるのは、韓国屈指の名優、ソル・ギョング
(「シルミド」や「オアシス」で有名な)。
妻を演じるのが、中谷美紀。
ライバルの木村政彦役に、船木優勝が出ています。

どんな感じになっているのか、来春が楽しみです。
[PR]
by fyamasan | 2005-12-16 02:41 | 読書 | Comments(0)