Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

シルバーホーク

正直、この映画の紹介はどうかなと思っていましたが、
多分、皆さんの目に触れないのもどうかと思い、取り上げました。
「SAYURI」で豆葉役を演じた、ハリウッドスター、ミシェル・ヨーの
とんでも?B級映画がこの、「シルバーホーク」

c0033213_3454512.jpg

舞台となるのは、近未来の中国。
主人公のルル・ウォン(ミシェル・ヨー)は、表の顔は大富豪な
セレブですが、裏では警察に代わり悪にお仕置きをする、
正義の味方、シルバーホークであったりします。

c0033213_4284579.jpg

さあ、肝心のストーリーですが、ルルと幼じみのリッチマン警部は、
警察より仕事が出来る?、シルバーホークを何とかこの手で、
逮捕したいと考えていた。
リッチマンはルルとシルバーホークが同一人物であることを
知らないでいます。

そんなある日、画期的な発明がある教授によって発表された。
なんと、人間を自在に操ることができる洗脳チップ。
しかし、これを世界征服をたくらむアレクサンダー・ウルフ率いる
デスクルセイダーに奪われてしまったから大変。
ここで、シルバーホークとリッチマン警部は手をとり、協力して
デスクルセイダーを倒すことを誓う。

c0033213_3585399.jpg


主演の他に、製作にも顔を出しているミシェル・ヨーの嬉しそうな
アクションシーンがてんこ盛りで、大いに楽しませてくれる。

この上下の画像を見て下さい。
変てこな仮面をつけて頑張ってます。
こういうB級アクションもこなす、ミシェル・ヨーは大好きです。

c0033213_422140.jpg


またこの映画、社長役で岩城滉一も出てきます。
あの渋い声で英語を話すのかと思いきや、吹き替えかよ~!
ちょっと残念でした。

おそらく今年のベスト10などには、顔を出さない映画ですが、
DVDやTV放送時には、気楽に「そんなアホな~!」と思い切り
つっこんでやってみるのも、楽しいかも!

この前に紹介したゾロのような、悩めるヒーローではございません。
シルバーホークは単純明快なヒーローなのです。
[PR]
by fyamasan | 2006-01-17 04:10 | 映画 | Comments(0)