Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

燃ゆるとき~企業は人なり

お金で何でも手に入る、そんな幻想を打ち消したのが、
ライブドアの堀江社長&幹部逮捕のニュースだったのでは。
アメリカの企業が全てそうだとはいいませんが、お金が全て、
利益を得る為が全て、そこに人の情はない。
そんなアメリカ型経営のど真ん中へ立ち向かった日本企業がいる。
古臭いと言われるような情や人間の可能性を信じて、
「企業は人なり」をスローガンに上げて。
映画「燃ゆるとき~The Excellent Company」

c0033213_2245769.jpg
食品会社、東輝食品は即席麺を
主力商品に、日本を始め、
アメリカへの進出を果たした
一流企業となっている。

ただ最近のアメリカでの
現地法人、サンサン・インクの
業績が思わしくなく、(工場は赤字)
再建策として、社長・深井
(鹿賀丈史)はかっての部下
で、資材担当の営業マン・
川森潔(中井貴一)を



日本から呼び寄せ、工場の建て直しを図った。
労働者の臨時的なリストラ、作業能率のアップ、新商品開発、
従業員の危機意識が、やがて工場の業績を上げていく。
ようやくこれで軌道にのるかなと思っていた矢先に、信頼していた
現地採用のキャサリンから川森は突然のセクハラ嫌疑を
かけられてしまう。
そして、これには企業買収を目論むアメリカ企業の力が働いていた。

c0033213_2455042.jpg


以前のブログでもこの映画の原作となる高杉良の「燃ゆるとき」と
「ザ・エクセレント・カンパニー」の話は書いていますので、
今回は省略させて貰います(よかったら前のブログを読んで下さいね)

・イン・グッド・カンパニー


・エクセレント・カンパニー


映画を見た方は、分かると思いますが、映画は殆ど「ザ・エクセレント・
カンパニー」の話なので、僕としては創業者の高木社長(津川雅彦)の
人柄(社員への思い)が原作を読んでない人にどこまで
伝わったのかなと、少し危惧してしまいますが。

c0033213_3131894.jpg


この映画は中井貴一さんが素晴らしいですね。
典型的な日本のサラリーマン(髪型も7:3かな)なのですが、
会社を愛しており、自分たちの作るものに誇りを持ち、現地の人たちと
共に、会社を発展させたいという強い信念がある、そんな誠実な人柄が
演技を見てて、伝わってきました。
特にラスト近くのキャサリンに伝えるメッセージは、
目頭がジーンとなりますね。
「単騎、千里を走る」では声のみでしたが、いい演技してはります。

僕的には映画の完成度としては、そんなに高くはないと思います。
特に、現地の人たちの演技には?となるものがあり、う^^^ん。
ただ、映画の持つメッセージが原作以上に伝わってくるので、ぜひ、
ぜひ、見て貰いたい映画です。

c0033213_3153292.jpg


最後に、原作者の高杉良さんの映画の感想です(抜粋ですが)

「いま、日本の企業社会は急速に進むアメリカ化によって
混迷の度合いを深め、サラリーマンは方向感覚を見失いがちです。
そうした中で家族のあり方を含めて、力強いメッセージを送ってくれる
見ごたえのある映画の完成は原作者として、至上の喜びです」
[PR]
by fyamasan | 2006-02-08 03:16 | 映画