パッチギ!~井筒監督登場
朝日新聞が主催している朝日ベストテン映画祭も
今年で48回目を迎えたと聞きました。
毎年、この時期に、ベストテンの何作品かを
リサイタルホールで上映してますが、
今日は、邦画部門の見事第1位に輝いた
井筒監督の「パッチギ!」の上映がありました。
7時のラストの回は、授賞式があるというので、
見に行きましたが、サプライズなゲストで
井筒監督が登場してくれました。

c0033213_4171242.jpg

劇場公開が去年の今頃だったかな?
もうDVDで出ていますし
この朝日ベストテン以外でも、多くの賞を
取っていますので、見られた方も多いと
思いますが、僕は映画館で見たかったので、
今日は楽しみにしてました。

「パッチギ」とはなんぞや?と思われる方
(特に関東など)、色々な意味があるみたいですが、
「頭突き」という意味が一般ではないでしょうか。

この映画では「(困難を)乗り越える、打ち勝つ」
という意味に使われています。

舞台となるのは、1968年の京都。
まだビートルズが現役で、町の映画館には
「猿の惑星」がロードショー公開されています。
京都のある高校の2年生の康介(塩谷瞬)と
親友の紀男(小出恵介)は、あることがきっかけで
担任の先生から、近くにある朝鮮高校に
親善試合(サッカー)を申し込んでくるように命じられます。

いつも「どつかれてる」イメージがあったので、
朝鮮高校へ入るのは、かなり勇気がいったのですが、
二人は決死の覚悟で職員室を探します。
そして、音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)を
見て、康介は恋に落ちてしまう。
その時に、キョンジャ達が演奏していたのが、「イムジン河」。
意味も分からずに、キョンジャに近づきたい一身で、
康介はハングル語を覚え、ギターでこの曲を弾けるように
練習を始めた。
そして、康介はキョンジャをはじめ、朝鮮高校の生徒達と
仲良くなるのだが。

c0033213_4413783.jpg


この映画を僕は青春映画としてみたいです。
青春には恋はつきもの。そして、その恋はなかなか
上手くいかない。
康介は日本人、そして、キョンジャは在日の朝鮮人。
二人には国籍以上に大きな壁がある。
かって日本が明治以来、朝鮮半島や中国へ
侵略し、多大なる犠牲をあたえたという過去の
歴史がある。
キョンジャが言う、
「もしもやけど、康ちゃんとうちがずうっと付き合って、
結婚するとなった時、康ちゃん、朝鮮人になれる?」
何も言えない康介。
また、キョンジャのおじさんが康介に向かって、
朝鮮人、在日の人たちの苦労を語る場面では、
見ていて日本人として、とても身につまされました。

日本人として、朝鮮人として避けては通れない
問題がありますが、康介やキョンジャのような
若い世代が少しずつ、この壁を取り除いてくれる、
そんな希望をこの映画で見たような気がします。

また青春にはケンカがつきもの。
この「パッチギ!」でも、多くのケンカシーンが
あり(女性は少しひくかも)、痛さが伝わる映画ですね。
「ビーバップ・ハイスクール」世代の僕としては
懐かしさも感じました。
ケンドーコバヤシが空手部の部長役ですが、
いい味出してますね。

出番は少ないですが、オダギリジョーに、
大友康平の存在感は良かったですね。
特に、大友の男気には、天晴れです!

c0033213_552025.jpg

そして、この映画の副題とも言える、
劇中で流れる「イムジン河」。
朝鮮半島の真ん中を流れる川を
モデルに、いつかは半島統一を
願う歌であります。

同じ民族を分ける河、違う民族を分ける河。
いつかはこの河が何人も分けない河になるように、
そんな監督の熱い思いが伝わってきます。
なによりも難しい問題を見事にエンターテイメントと
している所が素晴らしいです!

映画の上映が終わってから、再び井筒監督の登場で、
色々話を聞きました。
現在、この夏から「パッチギ!」の続編の製作に
取り掛かるそうです。
続編では、キョンジャの父にもスポットライトをあてたいと
言っていました。
そして、もう今日ですが、バレンタインの14日、
とうとう韓国でも「パッチギ!」が上映される事が
決まったと言う事です。

韓国でも「パッチギ!」旋風は吹き荒れるのか?
そんなニュースを聞きたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2006-02-14 05:20 | 邦画 | Comments(3)
Commented by mayui at 2006-02-14 22:23 x
はじめまして、fyamasan
朝日ベストテン映画祭いけませんでしたので、
『パッチギ2』について井筒監督のお話しを詳しく教えて下さい。
Commented by fyamasan at 2006-02-15 07:11
>mayuiさんへ

「パッチギ!2」ですが、この夏からの撮影のようです。
内容は、ブログにも書きましたが、「パッチギ!」ではキョンジャの父
が全く出てきていませんので、過去に遡るシーンで、それを描くかもと
いう話でした。正直、監督としても、色々と何を描いていくかが、まだ決まってない感じか、今はまだ言えないという雰囲気でした。
京都のロケ地のほとんどが都市開発で、姿を変えているので、それも考えての撮影となるのでは?
あまりいい情報がなくてすいません、今はこんな所ですね。
「2」は来年の公開を目指していると、監督は言ってました。
Commented by mayui at 2006-02-15 23:19 x
fyamasan へ
井筒監督はあちこちで、『パッチギ2』に関していろいろなことをおっしゃっている様なので、まだ具体的には決まってないのですね!
ありがとうございました。

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧