Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

「フライトプラン」に満足出来なかった方へ

1月の公開以来、賛否両論の「フライトプラン」。
なかなか手厳しい御意見の方へ、オススメの映画があります。
A・ヒッチコック監督「バルカン超特急」
イギリス時代のヒッチコック作品の中で最高作との呼び声高い!

c0033213_259837.jpg

「フライトプラン」では舞台は飛行機の中。
この「バルカン~」では、列車の中となっています。
どちらも閉ざされた中で、人が消えるなんてありえないのですが。

春近くの東欧の小国(バンドリカ)のある駅。
ロンドン行きの国際列車が、大雪の為に停車していた。
乗客は駅近くのホテルに泊まり、明日の出発に備えていた、
その晩、殺人事件が起こる(これも少し記憶しておきましょう)
翌朝、様々な乗客を乗せた列車が再び走り出した。
ロンドンでのクリケットの試合が気になるイギリス紳士の二人。
もうすぐ結婚する富豪令嬢のアイリス(マーガレット・ロックウッド)。
脳外科医の男。芸能一座の夫婦。不倫旅行中の恋人(結構年配)。
アイリスに一目ぼれした男。そして、貴婦人ミス・フロイ。

アイリスとフロイは向かいの席に座っていたので、仲良くなり
食堂車で一緒に紅茶を楽しんだ。
その後、アイリスは疲れからか、ウトウトと寝てしまい、気づくと
向かいにいるはずのフロイがいない。
トイレかと思い探したがどこにもいない。近くの座席の人にも
聞いたが、そんな女性は見なかったという。
そんなはずはない、さっき一緒に話をして、お茶もしたのに。
そんな彼女に助け舟を出したのが、彼女に一目ぼれした男。
語学も達者な彼は、ドイツ語、フランス語を駆使して、乗客に
問いかけるが、誰もそんな女性は知らないと答えるのみ。
そして、脳外科医の男は、アイリスが乗車前に頭を打ったのが
原因で幻覚を見ているのだと、主張する。
フロイに似た女性も出てきたので、幻覚かなと思いだしたのだが、
食堂車でフロイがスペルを窓に書いたのが残っていた。
そこで、アイリスは確信する、「やはりフロイはいる、何か事件に
巻き込まれたんだ。彼女を探さないと」
c0033213_3264746.jpg

ここまで書くと「フライトプラン」と同じやん!
いやいや、「フライトプラン」の方が真似てるんですが。
共通なポイントを整理しましょう。

1.フロイという女性が消えた。ジュリアという娘が消えた。
2.アイリスは乗車前に頭を強く打っている。
  カイルは6日前に夫を亡くしており、精神的に不安定。
3.ジュリアは飛行機の窓ガラスに「ハートマーク」を書く。
  フロイは列車の窓ガラスに自分の名前(フロイ)を書く。
4.近くに座っている者は、口をそろえて、そんな女性(娘)を
  見ていないという。

僕的には、「フライトプラン」と「バルカン~」の出来の違いは
他の乗客のキャラクター設定の差かなという気がします。
「フライト~」では、ほとんど他の乗客の性格なり人物像が
希薄でしたが、「バルカン~」では、人物像が実にきちんと
描かれています。
(このあたりは映画を見てご確認下さい)
僕はクリケット好きなイギリス人が気に入りましたね。
いい味出してますよ。

c0033213_3515044.jpg


また、「フライト~」ではオチが分かると面白さが急降下して
いきましたが、「バルカン~」ではオチが分かった後でも、さらに
ハラハラドキドキがあり、楽しめる展開となっております。
製作年が1938年ですが、さすがはヒッチコック。
やはりあんたは天才だ~!
アクションシーンなどは、時代を感じさせますが、ストーリー
展開などは、今でも通じる面白さ。

只今、「水野晴郎監修【世界名作映画DVD」として、500円で
書店やCDショップで売っていますので、お買い得かと思います。
ちなみに、 水野晴郎監督作品の「シベリア超特急」の名前も
この「バルカン超特急」から来ているとの事。
さすがは水野晴郎さん、目の付け所が違うぞ!
[PR]
Commented by カオリ at 2006-02-22 22:08 x
TBありがとうございました。ヒッチコックは結構見てるんですが、これは未見でした。見てみたいと思います。ちなみに私が彼の作品で好きなのは、「ロープ」です。

そうそう、私のブログタイトルと「座右の銘」が似てますね。
今後もよろしくお願いしまーす。
Commented by fyamasan at 2006-02-23 00:39
>かおりさんへ

「バルカン超特急」は意外と知られていないんですよね。
リメイクもされていますが、「フライトプラン」で再評価されて欲しいですね。「ロープ」も良いですよね、僕は最初のヒッチコック作品が「裏窓」だったので、これが印象に残ってますね。
映画がないと人生はつまらないですよね、これからも映画を見続けていきましょう! 
こちらこそ、宜しくです。
by fyamasan | 2006-02-22 03:57 | 映画 | Comments(2)