Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

今年はドキュメンタリー映画作ります!

去年は8mmで自主映画を作りましたが、
今年は1年がかりでドキュメンタリー映画を作っていく
予定です。

c0033213_2335394.gif


朝日カルチャースクールで、「原一男監督のドキュメンタリー
する快楽」という講座があり、その一環で受講生で
ドキュメンタリー映画を作ることになりました。
まだ何を作るのか、誰とどう作るとか、全く何も決まっていませんが、
何とか、1年をかけて、こんなドキュメンタリーを作りたい、こんな企画を
してみたい、自分の作りたいものを作っていけたらと思います。

決まり次第このブログで発表しますので、楽しみに?して頂けたらと
思います。

c0033213_23404524.jpg


さて、原一男監督と言えば、代表作「ゆきゆきて、神軍」があり、
日本では数少ないドキュメンタリー映画監督ですが、昭和20年
生まれとは思えないほど若々しく、想像とはぜんぜん違いました。
もっと強面な人かなと思ってましたが、喋りも達者ですし、今は
大阪芸大の教授をされているだけあって、なかなか渋い60代でした。

話のネタにしてましたが、初の劇場映画「またの日の知華」は、
完全自主映画で1億何千万のお金が製作でかかったらしい
ですが、映画がこけてしまったので、今は借金をかなり抱えて
いるとの事でした。
でも、何かを生み出すクリエイトする人は、パワフルといいますか、
借金かなりあっても常に前向きなのが凄いです。

1年後、受講生で作ったドキュメンタリー映画を上映するのが
目標ですが、その上映会をブログで発表出来るように、
また頑張りたいと思います。
[PR]
by fyamasan | 2006-04-13 23:43 | 映画