寝ずの番~バチが当たるほど面白い!

人は臨終の前に色々な言葉を言いますが、
自分なら何を言うだろうかと考えた。
男ならこの橋鶴のように言うのも本望かも
知れないですね。
こんな「寝ずの番」ならしてみたい、そう思いました。
マキノ雅彦 監督の「寝ずの番」

c0033213_21184278.jpg

上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴(長門裕之)も
いよいよ死期が近いと見えて、弟子達が見守る中、
一番弟子の橋次(笹野高史)が、「何か最後に
これはしたかったなあと思うことありませんか?」と
聞くと、師匠は、「そ、○が見たい」と答えた。

「そそ?」と弟子達がびっくり。
「そそ」とは京都弁での女性の性器のこと。
何とか師匠の最後の望みを叶えたい、
そう思った弟子達は、師匠の妻(富司純子)よりも
若い方がいいやろという事で、橋太(中井貴一)の
妻の茂子(木村佳乃)の「そそ」を見せる事で、
師匠の望みを叶えさせた。
ところが師匠は
「そそ、じゃ無くて、そとが見たいって
言うたんや~」と、
最後の声を出して、この世を去りました。

こんな前ふりから始まるこの映画、全編が
「下ネタ」の嵐。
「ち○ぽ」、「お○こ」などのオンパレードなので、
これはダメと思う女性も多いかな。
でも、僕的にはそんなに下品には感じ無かった
ですね。
洒落といいますか、粋な感じがしました。
噺家さんの話なんでそっちの方へ行くのも
仕方ないなあと思いますが。
c0033213_2141073.jpg


映画は師匠が死んだ後、弟子や弟子の嫁が集まって、
師匠の色々な過去の話を、
「そういえば、こんな事あったなあ」と
話し出すんですが、
芸人らしく豪快なエピソードが満載です。
たまにほろりとさせる話もあるので、
なんともいい感じ。
湿っぽいお通夜も、こんな明るく賑やかなら、
死んだ人も喜ぶでしょうね。
でも、師匠の「寝ずの番」だけと思ったら、
とんでもない。
これからまたまた展開が二転三転してきますよ。
この先は映画でお確かめ&お笑い下さい。

ちょい役で高岡早紀さん出てました。
お色気にクラッときました。

原作は中島らもさんで、笑福亭松鶴師匠を
モデルにしているらしいです。
監督はマキノ雅彦、これは津川雅彦さんで、
なぜ、マキノ姓にしたかといいますと、日本映画の
産みの親とされるマキノ省三さんは、津川さんの
祖父、大監督のマキノ雅弘さんは叔父に
あたるんですね。
初監督作として、「活動家(カツドウヤ)」の
原点のマキノ姓を名乗ったというところでしょうか。

マキノ雅彦監督の粋な映画をぜひ、映画館で
堪能してください。
口コミからか、50歳以上の観客が多かったですね。
連日、満員みたいで、4月18日の昼過ぎには、
監督、出演者の方が、舞台挨拶に見えるとの事。
これもチェックしてくださいね。


(ちなみに、女性の性器は九州では“ぼぼ”、
関西では“おめこ”、東北では“べっちょ”、沖縄では
“ほーみー”、淡路島では“おちゃこ”と
言うのだそうです)

ちょっとしたトリビアかな?
いやいや不謹慎ならすいません!
[PR]
by fyamasan | 2006-04-17 22:02 | 邦画 | Comments(6)
Commented by かつお at 2006-04-19 23:22 x
こんにちは。あきよさんの友達のかつおです。
「十二人の怒れる男たち」を先ほど見ました。あまりにもすばらしかったので、誰かにこの思いを伝えたいなと思ったのですが、周りで見た人がいなかったので、ここに書いてしまいました。おじゃましました!
Commented by あきよ at 2006-04-19 23:49 x
やまさんこれ見た?わたしも見たいよ!!
Commented by fyamasan at 2006-04-20 00:07
>かつおさんへ

あきよのブログでいつもコメント楽しみにしています。
「12人の怒れる男たち」とは渋い選択ですね。
もう名作ですが、名作&内容的に重いので敬遠されがちかも
知れないですね。僕は高校生の頃に見ましたよ。
ビデオがあるので、また見直したいと思います。
これをパロディ化したので、邦画の「12人の優しい日本人」です。
若かりしあのトヨエツが出てるんですよ。
しかも脚本は今をときめく三谷幸喜。
これは見ずにはいられないです。
要チェックですよ。
Commented by fyamasan at 2006-04-20 00:09
>あきよへ

見るべし!
忙しいと思うけど、見てね。
出来たら、「12人の優しい日本人」も見てね。
これは笑えるけどね。

いよいよ週末は対巨人戦やね。
選手の応援歌は覚えたのかな?
ああ~早く甲子園行きたいっす。
Commented by happy bomber at 2006-04-20 01:26 x
こんにちは、コメントありがとうございます。
映画関係なんですね。わたしの主人のお友達にも、田子さんという脚本家の人がいます。優位な脚本家の一番弟子だそうですが、御存知ですか。お話を見ますと華やかな世界でうらやましいです。
Commented by fyamasan at 2006-04-20 06:50
>happy bomber さんへ

コメント有難うございます。
映画にもワインは色々出てきますので、また紹介出来たらと思います。
田子さんという脚本家の方は、僕は知らないです。
TVドラマや映画などこれから注意して脚本家の名前を見てみたいと
思います。


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧