Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

かもめ食堂~フィンランドからこんにちわ!

フィンランドと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
白夜?それともムーミン
知ってました?(この言い方、映画を見た方なら
分かるはず)
フィンランドって日本から一番近いヨーロッパ
だそうです。
(約10時間で飛行機で行けるらしいですよ)
邦画初のオールフィンランドロケの
「かもめ食堂」

c0033213_21434628.jpg

フィンランドは首都のヘルシンキの港近くで
「かもめ食堂」なる食堂を営むサチエ(小林聡美)
店は食堂というよりカフェに近い感じで、
白いテーブルにガラス張りで日も
よくさして、明るい雰囲気のお店。
しかし、メインメニューはおにぎりなのだ。

そんなこのお店に最初のお客が
日本大好きで、日本アニメ好きな
フィンランドの青年。
最初の会話が、「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい」
だから、かなり渋いセンス。
(Tシャツはニャロメを着てました)

そしてこのガッチャマン繋がりで仲良くなるのが、
旅行者だったミドリ(片桐はいり)
このミドリさんがフィンランドに来た理由も、
「そんな人おらんで、ひびきさん~」と
こだま師匠に突っ込まれそう。
どんな理由かは、これは映画でお確かめ下さい。
そして、フィンランドに来たもの、飛行機の
荷物の行方が分からないので、出てくるまで、
しばらくこの店を手伝わせて欲しいという、
マサコ(もたいまさこ)も登場します。
一味違いますが、「やっぱり猫が好き」
 in フィンランドという感じかな。

c0033213_2251064.jpg

映画はこの3人を中心として、かもめ食堂に
くるフィンランド人らとも交流なども含め、
なんとも穏やかでマイペースな日常が
描かれています。
(最初はフィンランド人はみんな店の中を覗いて、
中々店に入ってこようとしません。
何故か、難しそうな顔をしたおばさんもいましたよ)


さて、この映画の魅力とは何でしょうかね?
主演3女優のそれぞれ味のある演技ももちろん
魅力ですし、(なんとも「間」のある演技が
たまらない)
フィンランドの町並みも、森の風景も素晴らしい。
そして、フィンランドの数多くある世界大会
にはびっくりします。
どんなものがあるのか、これも映画で
お確かめあれ!

c0033213_2373440.jpg


(こちらが↑店の外観です。いい感じでしょ!)

だけど、メインメニューがおにぎりである
「かもめ食堂」のように、毎日食べれる、
飽きのこない⇒おにぎり=日常を描いている点に、
観客は素直にうなずくのではないでしょうか。
(なんとも強引な図式展開ですが)

でも、この日常も普段ありそうで、無さそうな
感じなところがまたいい。
主人公のサチエさんも含め、女性3人は何かを
突き抜けた感じのする人間ゆえに、
「こんな生き方もいいなあ」と、共感出来るの
ではないでしょうか。
でも、中々出来ないのが人間って奴ですね。
いやいや。

さあ、みなさんも劇場へ行き、「かもめ食堂」で
こころを満腹にしませんか?
1800円ではきっと「えらい安かったなあ」と
感じるのでは。コネタも満載で今が旬ですよ。
[PR]
Commented by はらやん at 2007-06-01 07:00 x
やまさん、おはようございます。
あまり過度に飾らない北欧の家具のデザインと、サチエさんの生き方は似ている気がしますね。
しっかりと芯がはいっているけれど、世間に媚びない強さももっているような。
なかなかできそうでできないというところが、見た人に憧れを抱かせるのかもしれませんね。
Commented by fyamasan at 2007-06-04 03:01
>はらやんさんへ

コメント有難うございます。
早くも荻上監督の最新作、「めがね」が秋ぐらいに公開
されますね。
今度はどんな映画なのか、楽しみですね。
女性が憧れるのか?
男性が憧れるのか?
また、宜しくお願いします。
by fyamasan | 2006-04-24 23:08 | 邦画 | Comments(2)