Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

電車男~今更ながら萌えた!

映画公開当時は、話題だからって何でも
映画にするなよと思い、その後の
TVドラマも見ませんでした。
でも、DVDを何気なしに見てみると、。
映画「電車男」

c0033213_3395820.jpg
今更ながらストーリーは
必要ないかも知れませんが。
電車で酔っ払いに絡まれている
美女のエルメス(中谷美紀)を
助けたヲタク青年の電車男
(山田孝之)のなんとも清い
ラブストーリーになっています。


しかし電車男、ヲタクゆえに女性と
付き合ったことなどなく、エルメスとの
出会いからどうしていいのか分からないので、
ネットの掲示板に質問を書き込みますが、
それに色々と返事をくれる人の助けを
借りると言うわけですね。

映画ではこの住人?に、引き篭もりの青年、
ヲタク三人組、会話の無い夫婦、
失恋した看護士などが、色々とアドバイスを
送っています。
でも彼らはアドバイスしていますが、
電車男の行動を見て、逆に電車男から、
何かあるものを感じとっていきます。
それは今の自分から一歩踏み出すことでしょうか。
詳しくは映画でお確かめ下さい。

c0033213_424779.jpg


原作やドラマをよく知っている人には、
電車男とスレ住人とのやり取りが
不足だというような批判がありますが、
原作も何も知らない僕は純粋な
ラブストーリーとして、おおいに
楽しめました。

恋に臆病、中々前に踏み出せない電車男に、
イライラしながらもいつの間にか
応援している自分がいました。
他人(特に女性)との接し方に戸惑い、
悩む電車男の姿に、中学生や
高校時代はこんな感じだったかなと、
色々と思い出しました。
恋すると嬉しいのだが、それと同じくらいの
苦しさもあるんですよね。
初めてそれと「クラッシュ」する電車男。
頑張ってました。

女性上位の時代かなと思う場面もありました。
電車男がエルメスに面と向かって告白する時、
中々次の一言が言えない電車男くんに、
エルメスが「頑張って!」と声を
かけるんですね。
男としては何ともかっこ悪いんですが。


エルメスを演じた中谷美紀さん。
この人の色々な役柄を演じますよね。

「疾走」
ではなんとも怪しい娼婦を
演じていたりと本当に幅広い。
5月公開の

「嫌われ松子の一生」
もどんな
演技をするのか、大いに楽しみです。
また電車男を演じた山田孝之くん。
彼の次回の映画が
ドラマ「白夜行」
に続き、またもや東野圭吾原作で、

「手紙」
だそうです。

値段が高い方のDVDでは、電車男を応援する
ヲタク三人組のその後を描いた「戦車男」と
いうのが見れるそうで、それが今、非常に
気になっています。
先入観にとらわれず、色々な映画を見た方が
いいとあらためて思いました。
[PR]
by fyamasan | 2006-04-27 04:10 | 邦画 | Comments(0)