バルトの楽園~届け、歓喜の「第九」
年末になると日本の各地で「第九」が
演奏されますが、この「第九」が、
日本で最初にいつどこで演奏されたか、
ご存知でしょうか?
意外な歴史の中から、「戦場のアリア」
のように、心和む物語が誕生します。
映画「バルトの楽園」


c0033213_2024157.jpg

1914年、第一次世界大戦が始まり、
日本も日英同盟(懐かしい、歴史で
習いましたね)の為、参戦。
青島(チンタオ)でドイツ軍相手に
戦闘を開始。
圧倒的軍事力の差でドイツ軍を
降伏させると、ドイツ軍の
捕虜約4700人は日本の捕虜収容所へ
送還される事になった。
物語は、徳島は板東俘虜収容所に
送られたドイツ軍捕虜と
収容所の所長、松江豊寿(松平健)を
中心に、捕虜を同じ人間として扱い、
祖国の為に戦った一人の人間として待遇した,

板東に住む人々のドイツ軍捕虜の2年間に
及ぶ交流の話であります。

収容所といえば、ナチスやシベリアなどの
強制収容所のように、人を人として扱わない
そんな悪いイメージが付きまとう気がしますが、
この板東の収容所は世界でも稀な
模範的な収容所として有名だったのを
この映画を見て初めて知りました。

c0033213_19223073.gif


かなり自由がきき、新聞作りやパン焼き、
柔道、夜にはビールも飲めた。
こんな自由がきく収容所の評判は軍の耳にも
入り、もう少し考え直すと言われると
、所長の松江は「私は収容所を扱ってろい、
刑務所を扱っているのではない.。
祖国の為に戦った同じに一人の人間として、
これからも扱う」と、啖呵をきります。
人格者、松江だからこそ、
言える言葉でしょう。

また、何よりも捕虜を喜ばしたのが、
地元板東の人たちとの交流でした。
体操を中学生に、植物学を小学生に、
音楽の好きな子供には楽器で
演奏を共に行うといった、板東一体となって
彼らとの交流を歓迎していた、
このことに凄く感動しました。
中には戦争で肉親を殺された人もいるので、
全ての人が歓迎していたわけでは
ないですが。

やがて戦争が終わり、ドイツは敗戦国となり、
捕虜は自由の身として、ドイツに
帰ることになるのです。
そして、今までのお礼として、捕虜たちは
「第九」を演奏して、収容所はじめ
板東の人々に別れを告げていきます。
c0033213_19291230.jpg


タイトルの「バルト」とはドイツ語で「ひげ」のことで、
なぜ、松江がひげを伸ばして
いるのかも、映画で知ることが出来ます。

映画「SAYURI」で子供時代のさゆりを
演じた大後寿々花ちゃんも
目に青のコンタクトを付けて、日本人とドイツ人のハーフの女の子を
演じてましたね、可愛かったです。

セットで作られた板東収容所ですが、
映画の撮影後は、地元の観光地スポットして、
見学出来るようになっていますので、徳島に
お寄りの際は、板東まで足を
伸ばしてみるのは、如何でしょうか!

c0033213_1718281.jpg
この映画の原作にあたるのが、
「奇跡の村の奇跡の響き」です。

その後、松江所長がどんな人生を
歩んでいったのか、知りたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2006-06-07 20:01 | 邦画 | Comments(0)

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル