Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

幸せのポートレート~幸せな結婚とは?

予告編を見て気になってました。
こちらもbobbyshiroさんのご好意により、
試写会で一足早く見てきました。
TVドラマ「Sex and the city」でブレイクした
サラ・ジェシカ・パーカー主演?の
映画「幸せのポートレート」
原題は「The Family Stone」であります。

c0033213_21595067.jpg


成功したキャリアウーマンの見本のような女性、
メレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)は、
クリスマスに恋人のエヴェレット
(ダーモット・マローニー)の家族と過ごす
事になった。
ここで彼から婚約され、晴れて憧れの結婚
へいくはずだった。
しかし、庶民派のエヴェレットの家族の
前では、メレディスは気にいられようと
行動するが、すればするほど、墓穴を掘り、
逆に「この女とは結婚するな」と
家族に思われる始末。
何とか打開策をと考えて、妹のジェリー
(クレア・デインズ)に来て貰うのだが、
これが予想外の展開に発展してしまうから、
人生とは面白い。
果たして、メレディスの恋の行方は?

結婚を控えた女性の物語とあって、
試写会場は圧倒的に女性の姿が
目立ちました。
自分と照らし合わせて、彼女らは
何を感じたのでしょうか?
気になりますね。

c0033213_23182867.jpg


予告編を見た時は、こんな展開に
なるとも予想がつかず、上手い意味で
裏切られた感じがします。
堅物なキャリア・ウーマンと何事にも
開けっ広げな家族。
初めから上手く行かないだろうと
思うのですが、その通りになるから、
そこがまた面白い。
映画の冒頭で、メレディスの性格が
分かる演出も見事です。

前半がサラ・ジェシカ・パーカーの主演で、
後半がクレア・デインズという感じになります。
クレア・デインズはかなりおいしい役柄ですね。
久しぶりにスクリーンで見た、クレア・デインズは
大人の女性になってましたね。
僕も多分、エヴェレットのような選択をしたかも
知れないですね。
すいません、これ以上は言いませんので。
クレア・デインズ、本当に綺麗で美しかったです。

c0033213_23374412.jpg


エヴェレットの家族も個性的で、
母をダイアン・キートン。
「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスが
意地悪な妹を、末っ子のベンを
ルーク・ウィルソンが好演しております。
本当におかしな面白い家族です。

エヴェレットがメレディスに祖母の
結婚指輪を贈ろうとするシーンや、
メレディスがエヴェレットの家族に
贈るクリスマスプレゼントも
なかなか興味深いです。ラストに注目!

笑わせて、泣かせて。
笑わせて、ジーンとさせてくれる、
何ともハート・ウォーミングな
映画となっております。

c0033213_23465088.jpg


自分の理想の結婚って何だろうな?
そんな問いに少しヒントを与えてくれるかも
知れないですよ。

この映画を見て、アメリカの家族の
クリスマスっていいなあと、
やまさんはつくづく思いました。
[PR]
by fyamasan | 2006-07-12 23:55 | 映画 | Comments(0)