Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

神の左手、悪魔の右手~元気です、楳図かずおさん

楳図かずおのカリスマ人気だろうか、
舞台挨拶では、上映映画館の天六
ユウラク座が満員になったという。
このあたりは
「bobbyshiroさんのブログ」

でお確かめ下さい。
僕の時はいつものように、ガラガラの
天六ユウラク座で見てまいりました。
楳図かずおの人気漫画を映画化した
映画「神の左手、悪魔の右手」

c0033213_23593178.jpg

イズミ(渋谷飛鳥)の弟のソウ(小林翼)は
人間の悪意を夢で予知するという不思議な
力を持っていた。
ある夜、うなされていたソウの首から
大量の血が流れ出した。
病院へ運び込まれたソウ。
その時、イズミはソウが以前
言っていた言葉を思い出した。

「お姉ちゃん、僕はもうすぐ死ぬんだよ。
でもね、お姉ちゃんが助けに
来てくれるんだよ。
そして、赤い携帯電話が必要だからね」


ソウの命を救う為に、イズミはソウの
言葉通りに、赤い携帯電話を探し出し、
その電話に導かれるままに、
白い屋敷を目指していく。
そして、その屋敷で見たものとは?


c0033213_0115624.jpg

僕が小学生の頃は「まことちゃん」が
流行ってましたが、僕はどうも馴染めず、
画風が嫌なのか、楳図かずおの漫画は
殆ど知りませんでした。
この映画ももちろん知らないで
見に行きました。

知らなかったのが幸いでしょうか、
楽しめましたし、面白かったです。
ただ、特撮というか女の子の首切りシーンが
何回があるのですが、これがマネキンの
首なので、かなり白けてしまいます。
これが意図していたら凄いのですが、
予算の都合でそうなったのか?
いまどきの映画でそれはダメでしょうと、
ちょいと失笑状態になりました。

血が飛び出したり、流れ出すシーンも、
明らかにお金がかかっていないのが、
まる分かりなので、
「ふ~何とかならんもんかな」と。

役者では田口トモラヲさんが良かったですね。
狂気の父親というべきでしょうか、
いい演技してますね。
正直、田口さんがいなかったら、
どうなっていたのだろかと思いますもんね。

この父親役はデ・ニーロ&ダコダ・ファニング
競演の

「ハイド&シーク~暗闇でかくれんぼ」

設定がよく似てますよ。

c0033213_0185038.jpg

ソウのここぞという時の名セリフがこちら、

「我が左の手は 正しき者を
甦らせる神の左手
我が右の手は 悪しき者を滅ぼす悪魔の右手。
滅びよ、悪魔!」


子供なら絶対にこのセリフを真似したいただろうなあ。

原作者の楳図かずおさんも映画に出てきます。
もう70歳とは思えないハッスルぶり!

こちらが主演の渋谷飛鳥ちゃんの誕生日の模様。
弾けている楳図かずおさんの表情がいいですね。
c0033213_0253745.jpg

[PR]
Commented by washan at 2006-08-04 23:31 x
小学生の頃、僕の中では、まことちゃんブームでした。「~なのらぁ!」などまことちゃん語を使っていた僕はパン屋のおばちゃんに、「そんな言葉使いばかりしてたら、まもとにしゃべんようなるよっ!やめなさい!」と怒られてしまいました。その日から、やめようと決意したのですが、全部抜けきるのになんと1ヶ月もかかりました(-_-;;)。パン屋のおばちゃん、ありがとう!なんとか普通にしゃべれてます。。。この場を借りて御礼を(^o^)。でも、「ぐわっし!」は難しい。薬指がどうしても、曲がってしまう。。。。やまさん、出来る?
Commented by fyamasan at 2006-08-05 04:05
>washanさんへ

コメント有難うございます。
暑い日が続いていますが、体調管理には十分気をつけて下さい。
「ぐわっし!」懐かしいです。
僕も薬指が曲がってしまいますね。
当時出来てた奴は結構得意げにしてましたね。

言葉では、バカボンのパパの「~なのだ」を真似して、祖母に怒られた
記憶があります。
確かに癖になると直りにくいですから、あの時やめてて良かったです。
Commented by aq99 at 2006-08-10 22:31 x
はじめまして。映画の日に行きましたが、ガラガラでしたー。
原作が好きで、「デスノート」がそつのないできだったので、見に行ったのですが、低予算感がムンムンでした。少女に対して以外、愛が感じられませんでしたが、やっぱりスプラッターあんまり好きじゃないんだろうな~、監督。
Commented by fyamasan at 2006-08-11 01:40
> aq99 さんへ

映画の日でもガラガラでしたか、悲しいですが、それが現実ですね。
もう少しお金をかけてもと思いましたね。
スプラッターが得意な監督が作れば、また雰囲気も変わってきたんでしょうね。
またお願いします。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-02-11 03:07 x
こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
あの台詞ねぇ、良かったですよねぇ。
小学生が、思いっきり力んで言う。
下手そうに聞こえるケド、すごく良かったです。
またよろしくお願いしますね!
Commented by fyamasan at 2007-02-12 03:36
>猫姫さんへ

お返事有難うございます。
あのセリフを日常どこかで使えないか、色々考えたりも
しましたが、小学生ではないので、難しいですね(笑)
こちらこそ、また、宜しくお願いします。
Commented by すけきよ at 2007-11-12 15:25 x
こんばんは。
あのチープさは狙ったんでしょうか?ワザとだったら天才に域ですが、インタビューを見たかぎりでは全力でリアリティを追求しているらしいです。

金子監督には人間がああいう風に見えているんではないでしょうか(笑)
Commented by fyamasan at 2007-11-15 03:55
>すけきよさんへ

お返事ありがとうございます。
やはり狙っていたのではないんですね。
次回は頑張って欲しいですね。
by fyamasan | 2006-08-01 00:27 | 邦画 | Comments(8)