ゆれる~今もゆれている

映画を見ていくとどんどん気持ちが贅沢になっていく。
最初の頃は何でも面白くて楽しんでいるが、
段々と多少のものでは満足出来なくなってしまう。
映画を見る度にあら探しをしてしまっていたりする。
でも、質の高い、良い映画に出会えた時の感動は、
人一倍に感じてしまうのではないでしょうか?
井筒監督によれば「金鉱をあてたような喜び」と
いうそうだ。
映画「ゆれる」を見て、やまさんのこころも
大きくゆれた。このゆれはまだまだ続きそうだ。

c0033213_295455.jpg

弟の猛(オダギリジョー)は東京で成功した
カメラマンとして、お金や女性に不自由のない
生活を送っていた。
そんな彼が兄の稔(香川照之)から、母の
法事があるから帰ってこいとの連絡があり、
何年ぶりかに実家に帰ってきた。
稔は地元で家業であるガソリンスタンドを継ぎ、
父と暮らしている。

派手な弟と真面目な兄、そんな好対照な兄弟。
久しぶりの故郷ということで、二人のお幼じみの
智恵子(真木ようこ)と法事の後、3人で近くの
渓谷で静かな時間を過ごすはずだった。

稔が吊り橋を渡る前までは。
事故か故意か、稔と一緒に吊り橋にいた智恵子が、
橋から転落して命を落としてしまう。
それを遠くから見ていた猛。

裁判が始まり、稔が故意に突き落としたのか?
それとも事故なのか?
ゆれうごく裁判の中で、猛が証言台に立ち、
真実を述べると言う。
果たして彼が話した真実とは?

c0033213_2271763.jpg


前評判の良さ、予告編で興味を持ち、早く見たいと
思っていましたが、これほどの出来とは。
話はごく単純なもの。
なのに、なぜ、こんなに惹きつけられるのか?

タイトルの「ゆれる」とは、何にゆれることなのだろうか?
稔と猛のこころの「ゆれ」を軸に、出演者のこころの
「ゆれ」も丁寧に描いていく。
そして、こころの「ゆれ」だけでなく、記憶の「ゆれ」も
起きてくる。
果たして自分が記憶していた「兄」とは「弟」とは
こんな奴だったのかな?
昔の記憶が大きく「ゆれ」ていく。

そして、優等生だった稔のこころの暗部が
少しずつ開かれていく。
人間の暗い部分のゆれも鋭く描き出す。


そして映像にも様々な「ゆれ」が描かれていて面白い!
吊橋の「ゆれ」はもちろんのこと、どんな「ゆれ」が
あるか、これから見る人は注意して見て欲しいですね。

c0033213_2381989.jpg

監督・脚本を担当した西川美和さんも素晴らしいが、
出演者がさらにさらに素晴らしい。
特に稔を演じた香川照之さんにはやられました。
真面目なしっかり者の兄を見事に演じきってました。
いつもおいしいところを弟にもっていかれる兄ですが、
留置場での面会では、その立場が逆転したのには、
びっくり!
好き放題してきた猛が、自分をさらけ出す稔を
なだめる役に。

兄にあって弟にないもの?
兄になくて弟にあるもの?
誰よりも知っていたい、誰よりも知られていたい、
そんな思いを男兄弟は持つものだろうか?
兄弟の絆も深かったり浅かったり、微妙に「ゆれる」


c0033213_2554720.jpg

やまさんにも4歳上に兄がいますが、
特に男兄弟が見れば、なおさら心が「ゆれる」はず。

ラスト、猛が放つ一言に、僕は深い感動を覚えてしまう。
同じ弟だからわかるのだろうか?
とくかくズシリときた一言だった。


この心地よい「ゆれ」を是非とも、多くの人に体験して貰いたいです。
[PR]
by fyamasan | 2006-08-09 02:48 | 邦画


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧