UDON~キャプテンUDONになりたいなあ!

「踊る捜査線」の続編を作りたいのだけど、
織田君がねえ、というような状況、
亀山&本広コンビが目をつけたのは、
UDONだった?
再び讃岐うどんブームを巻き起こすのか?
映画「UDON」

c0033213_242374.jpg

世界のコメディアンMATSUIとなるべく、
NYに渡った松井香助(ユースケ・
サンタマリア)だったが、7年後、
夢破れて(それに多額の借金も抱えて)
たどり着いた先は、夢が無いはずの
製麺所の実家だった。

頑固な親父には「何しに帰ってきた」と
冷たくあしらわれた香助は、
友達の庄介(トータス松本)の紹介で
タウン誌の広告の営業を始めた。
そして、「讃岐うどん」の独自の特集の仕方が
受けて、香川にとどまらず、
全国的に讃岐うどんブームを作り出すことになる。
だが、世の中そんなに甘くない、このブームも
いつしか消えようとしていた。
そんな時、頑固親父が倒れてしまう。


そんな上手く行くかよと、思いつつもとんとん
拍子に進んでいく前半は、
いい夢を見ているようで、なんとも心地よい。
そして、後半から父と息子の物語になり、
ジーンとさせる展開は、
「踊る」シリーズでお馴染みの本広監督の手法。
ここに「フィールド・オブ・ドリームス」の世界を持って来られると、
「参ったなあと」というしかない、やまさんであった。

「美味いもん食べてる時は、みんな笑顔やろ?」
頑固親父のストレートな一言に、
思わずうなずいてしまう。
料理って本当に、料理をしている人間の
気持ちが入るから不思議です。
調理場で働いていた僕にはとても
心に染みる言葉でした。

頑固親父を演じた木場勝己さんが
一番光っていたよう思えます。


c0033213_371126.jpg


「TVの延長、映画じゃない」など様々な批判が
ありますが、この「踊る」コンビの映画が
受けている状況を考えてみないと、
邦画もまた落ちていくような気がします。
シネコンのおかげもあり、邦画は盛況に
どんどん映画が作られていますが、
殆どは漫画や小説の原作の映画化。
その中でオリジナルで、映画ラブを感じさせる
「踊る」コンビ映画には、素直に
評価すべきでは、と思います。
オリジナルで、支持され、レベルも高い。
そんな邦画がたくさん出てきてから
「踊る」は映画じゃないよという、
批判もいいと思いますが。


さて、この映画を見てうどんを食べたくなるのは、
僕だけじゃないはず。
人口100万人の香川県には約900件もの
うどん屋(製麺所なども含めて)があるらしいです。
香川の人のうどん好きがよく分かります。
関西人にはソウルフード的なうどんですが、
聖地香川で本場のうどんを食べたいですね。
映画では本当に美味しそうに食べてます。

「踊る」映画にお馴染みの本広ファミリー的な
俳優や意外なアノ人まで、色々な人が出てきて
うどんを食べるので、誰が出ているのか注意しながら
見るのも面白いかも。

c0033213_3254723.jpg


こちらが映画館で売っていた
、クリアファイルと携帯ストラップ。
松井製麺所の鉛筆も捨てがたかったですが。

c0033213_3271293.jpg

[PR]
by fyamasan | 2006-09-05 03:28 | 邦画 | Comments(2)
Commented by washan at 2006-09-07 08:28 x
食べたくなりました。香川ではうどんは別腹なんて言って、おやつにうどんを食べたりします。僕は愛媛県に一時期住んでいて、わりと香川よりでしたので、そのあたりのうどんも非常においしく、2日に1回はうどん食べてました。この間までは「うどん」ブーム、最近では骨付き鳥の「一鶴」が人気のようでみなみや横浜にも出来てるようですね。やまさん行きました?(一鶴の親鳥は硬くて僕は苦手です・・・(^o^) 雛鳥がおすすめ!)
 ん~、四国に行きたくなりましたぁ(^O^)/
Commented by fyamasan at 2006-09-07 12:42
>washanさんへ

コメント有難うございます。
「一鶴」はまだ行った事がないので、今度行って見ますね。
この映画を見ると本当にうどんが食べたくなりますよ。
僕はどちらかと言えば、そば派なんですが、香川でうどんを食べたい、
そう思いました。
映画ではビニールに入れて、手で食べてるツワモノもいましたよ。


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧