Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

「日本沈没」?それとも「日本以外全部沈没」?

この夏話題の邦画の一つに、リメイク版
「日本沈没」がありました。
しかし、やまさんはこの映画以上に
興味を持っていた邦画がありました。
映画「日本以外全部沈没」
もちろん「日本沈没」のパロディですが、
上映はレイトショーのみのミニシアターながら、
連日立ち見の大盛況らしいです。
どんな映画になってるんやろ?
やじ馬根性の映画ファンが詰め掛ける中、
見てきました。

c0033213_1353369.jpg


あの9・11テロから10年が経った2011年。
突然の地球の地殻変動で、北アメリカ大陸
が沈んでしまいます。
アメリカからの難民が世界に押し寄せる中、
次に中国、ユーラシア大陸、アフリカ大陸と
次々と沈んでいき、気づけば、日本だけが
残っていました。
世界各国の元大統領や首脳陣を始め、
4億近い外国人が日本へ移住してきた。



すべて日本、日本人優勢の世の中になり、
ドルやハリウッドスターなど何の価値もなくなった。
約5倍になった日本の人口。
ここに食料問題、物価の高騰、失業率の増加、
外国人犯罪の多発など、それらに対処する
為に、日本政府が考えだしたのは、
GAT(Gaijin Mondai Team)だった。
また、政府は3年以内に日本に慣れない外国人は
国外追放するという法律まで成立させていた。
日本人の外国人嫌いと外国人の日本への不満が
やがてピークに達してきていた。
そして、。


c0033213_1545049.jpg

GATの生みの親、石山防衛庁長官に藤岡弘
首相、安泉純一郎に村野武範。
オリジナル版の映画では主役が藤岡弘。
そして、TV版では村野武範だったので、
歴史的な競演と言えますかね!
原作者の筒井康隆も作家役で出てきますし、
あ、重要な人を忘れていました。田所博士です。
寺田農が真面目に、だけど見ている方は、
コミカルに感じます。
その他、色々な人がチョコチョコと出てきますので、
お見逃し無く。

映画は去年公開された

「チームアメリカ・ワールドポリス」
に匹敵するほどの
馬鹿さ加減にブラックな笑いが満載で、
爆笑の連続でした。

原作の筒井さんも「外国人が見たらどう思うか、
正直怖いね」なんて言ってますから、
日本以外では上映されないかも?です。
山さん的には、本家の「日本沈没」より
「日本以外~」の方をプッシュしますが。

c0033213_295815.jpg

こちらが本家です。
随分前に見たのですが、この記事の為において
おきました(ほんとかいな?)


話はもうご存知の通りです。
突然の地殻変動の為に、日本が沈没
してしまうというもの。
オリジナルでは人間ドラマに
重点が置かれていましたが、リメイクは
その点が希薄になっているので、
そのあたりが辛口評価になって
いるんでしょうね。


正直、草なぎ剛より柴咲コウの方が断然、
男らしく、オイシイところを持っていってますね。
最後の抱擁の後の、あっさりバイクで立ち去る
柴咲コウに男気を感じてしまいました。
ただ、柴咲コウが演じたレスキュー隊員が
阪神・淡路大震災の孤児であるという点には
僕は考えされられました。

c0033213_2193654.jpg


「日本沈没」に、「そんなはずないやろ~?」と
突っ込むのも良し。
「日本以外~」でブラックな笑いに爆笑するのも良し。
皆さんはどちらの世界を選びますか?

約一億三千万人の日本国民、必見ですぞ!
[PR]
by fyamasan | 2006-09-13 02:01 | 邦画 | Comments(0)