Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

トランスアメリカ~性を越えた何か

「スカートの下に何があるかより大事なもの」
このキャッチコピーが気になって仕方なかったです。
ずばりと映画の内容を伝えるその一言に感心でした。

映画「トランスアメリカ」

c0033213_03277.jpg

本来の性にどこか違和感を持ち、本当の
性は別ではないかと悩む、性同一性障害の
主人公、トビー(フェリシティ・ハフマン)は、
来週、いよいよ男性から女性への手術を
することになった。
これで姿、形、心まで女性になることが
出来て、悩みから開放され、幸せが
くると、そう思っていた。
しかし、一本の電話が彼、いや彼女の
人生を変えてしまう。


実は大学生の頃、一度だけ、女性と
Hしたのだ。
そして、その時に出来た息子トビーが
捕まり、刑務所へ。
身元引き受けとして、NYまで出向くが、
こんどはトビーの父親探しの旅
(ロスまで)に一緒について行くことになった。
もうすぐ女性になる父親とその父を探す息子の、
なんとも風変わりな関係な二人の大陸横断の
旅が始まった。

c0033213_048168.jpg

息子には教会から来たとウソをいい、
男性&父親だとバレナイように、
必死に行動するブリーが面白い。
隠そうとすればするほど、ボロが出てくる。
だけど、外見が綺麗な女性から遠ざかるほどに、
女性としての内面が光り始めるから不思議だ。
そこに息子のトビーも気づき始め、
一人の女性として惹かれ始める。

そして、女性としての姿、形ばかり
を気にしていたブリーは、内面を気にして
いなかった自分に気づき、本当の女性に
一歩近づいていく。
本来の自分の姿を実の息子に伝えられない
ブリーの心苦しさに、見ている者は切なくて
仕方なかったです。
また愛を知らないで自分を傷つけてばかりいる
トビーもブリーとの旅で愛の優しさに触れていく。


旅の途中で、ブリーの家族の性に対する
偏見やトビーの忌まわしい過去など、
現在の世界が抱える性の問題が
浮かびあがってくる。

重たい内容の映画がこんなにも笑って泣いて、
楽しめるものに出来るアメリカ映画は、
やはり凄いなあと感心してしまいました。

さあ、旅の終わりにブリーとトビーは
どのような変化をしていったのでしょうか?

ブリーを演じたのは、女優のフェリシティ・ハフマン。
日本では今一知名度がないですが、
TVドラマ「デスパレードな妻たち」での
女性としての素顔をご覧下さい。
また、トビー役のケヴィン・ゼガーズは、
若き、リバー・フェニックス、
レオ様、「T2」のエドファード・ロングに
似ていますので、これからの
彼の人気ぶりに注目です。
c0033213_1113633.jpg

  (こちらの男性 ↑)
僕が嬉しかったのが、ブリーの父親が
エイドリアンの兄だったこと。
{「ロッキー」シリーズでの話です)
久しぶりに見た、彼は相変わらず
とぼけたキャラでした。
年はとってますしたが。
[PR]
by fyamasan | 2006-09-15 01:13 | 映画 | Comments(0)