リトル・ミス・サンシャイン~苦しんだ後には

2007年となりました。
今年もどうぞ、宜しくお願いします。
去年は映画館で何とか195本見ることが
出来ました。
200本を目標としていましたが、今年にまた
頑張りたいと思います。
今年最初の映画は笑って、笑って泣くという、
コメディ映画の王道でしたが、見終わった後、
「いい映画を見たなあ」と嬉しい感動が残りました。

早くも今年のベスト5に入りそうな予感が。
映画「リトル・ミス・サンシャイン」

c0033213_2185092.jpg

話はロードムービーであります。
ある家族の長女のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)
が、繰上げ当選でカリフォルニアで行われる
美少女コンテストに出場することになった。
しかし、ここからが大変なのだ。
家族で車で行くことになったのだが、この家族、
一癖も二癖もあるのだ。
まず、父のリチャードは、人間を勝ち組と負け組みに
分けたがり、自己啓発本で一攫千金を狙う男。
また、最近居候している伯父のフランクは、自殺を
図った同性愛者であるし、一言も話さないニーチェ
好きな兄がいて、麻薬常用者のかなり過激な
おじいちゃんもいる。
唯一まともな母も加わり、カリフォルニアへ向けて
出発するのだが、車もオンボロな小型トラック。
前途多難な旅、果たして家族の運命や、オリーブは
コンテストに出場出来るのだろうか?


c0033213_2412188.jpg

(こちら眼鏡っ子で小太り気味なオリーブちゃん)

まず、登場人物の描き方&演じる役者が素晴らしい。
決して日本で有名な俳優では無いですが、
みなさん芸達者ばかり。
いそうでいない、一見変わった家族もいつしか
見ているうちに感情移入してしまい、自分や家族と
照らし合わせてみて、「こんな家族いるよね」と
何かしら共感が持ててしまう。
セリフといい、話の展開など、脚本がしっかりと
出来ているんですね。改めて
「映画は脚本だよなあ」と、思ってしまう。

c0033213_255882.jpg

(「40歳の童貞男」の主演のフランク伯父さん)

セリフでいうとすれば、フランクがニーチェ好きな
兄にいうセルフが秀逸。
このフランク伯父さん、プルースト学者なんですが、
プルーストの人生を参考にしながら、「人生なんて、
幸せな時なんか、なにも成長しないよ。
悩んで苦しんだ時があるからこそ、それが後々の
人生に役立つんだ」
「高校生なんか、その一番いい時期だよ」と、
少し前に自殺を図った人の言葉とは思えない、
前向きなセリフでした。

この家族が旅の終わりでどう変わっていくか?
(本当に変わるのか?)
笑いと涙のエピソードをたっぷり詰め込んだ
ロードムービーの傑作を見逃さないで頂きたいです。

「24」ファンには、あのクロエがカメオ
出演しております。
今ちょうどシーズン5を見ているので、
「あ、クロエや」と嬉しくなりました。
もうDVDになっているかな、
ハリソン・フォード主演の

「ファイヤー・ウォール」
にも出てますよ。
[PR]
by fyamasan | 2007-01-06 03:04 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28