Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

武士の一分~譲れぬものとは?

2002年の
「たそがれ清兵衛」

2004年の
「隠し剣 鬼の爪」

そして、2006年12月1日公開の
映画「武士の一分」

山田洋次監督・藤沢周平原作・
3部作の最終章
かなり遅くなりましたが、ようやく
見て来ました。
日曜の最終上映にも関わらず、
中々の盛況ぶりでした。
キムタク効果かな?

c0033213_228647.jpg

藩で毒見役を務める下級武士の三村新之丞
(木村拓哉)は妻・加世(壇れい)とつつましくも
幸せな生活を送っていた。
しかし、三村が毒にあたって失明する事件が
起きてからは、この三村家にも不穏な風が
忍び寄る。
妻・加世の不倫騒動から、盲目の三村が
上司である番頭・島田(剣の達人)に果し合いを
挑んでいく。

江戸時代の封建社会。
下級武士が命にかえてでも守りたいと願った
武士の一分とはなんであろうか?

映画を見終わった後、「キムタクもええ役者になったね」
と、周りから声が聞こえる。
殆どが盲目の武士役。
しかも目を開けて、盲目役を演じるのはかなりの
技量が必要かと感じました。
実際は見ているが、見えない演技をしている、後半の
迫真のキムタクには拍手を送りたいです。

加世役の壇れいをはじめ、下人を演じた笹野高史。
三村の剣の師匠役の緒方拳に、桃井かおり、
小林稔侍など芸達者な役者が脇を固めるのもいい。

c0033213_239269.jpg


僕が感心したのは、光と影の映像。
加世に離縁をいう場面で、襖ひとつ隔てて
キムタクと壇れいがいる。
キムタクの部屋には明かりがないが、
壇れいの部屋には明るい光が見える。
この光と影の描写も二人の置かれている
立場を明確に表しているし、剣術の師匠(緒方拳)
の元で剣の練習をする時も、キムタクが徐々に
なにかをつかみ始めた時には、道場の窓から
光が差し込んできている。
なるほどなあと思う演出でした。

映画的には随所にホッとさせる笑いの場面も
描きつつ、下級武士の悔しさ、切なさもきちんと
描けていましたが、物語的にはもうひと山
欲しかったなあと感じます。
悪く言えば、平凡すぎ、模範的な解答の
映画でしょうか。

山田洋次時代劇三部作を見て思うことは、
女性の描き方が一貫していることかな。
「たそがれ清兵衛」の宮沢りえ。
「隠し剣 鬼の爪」の松たかこ。
そして、「武士の一分」の壇れい。

3人の女性に共通しているのは、
「凛とした女性」として描いていること。
江戸時代、男以上に差別があった女性。
その中でも凛としていきる彼女たちの姿に、
なんともいえない爽快感を得たのは、
僕だけではないはず。

この映画の後、山田洋次は何を撮るのか?
キムタクはどうするのか?
楽しみになりました。


c0033213_3205623.jpg
c0033213_321132.jpg
[PR]
by fyamasan | 2007-01-08 03:12 | 時代劇 | Comments(0)