悪夢探偵 ~ ビギニングかな?

hitomiの映画初主演に、
監督が鬼才塚本晋也。
そして、探偵役に松田龍平と、見事な
コラボレーションの期待の邦画、
「悪夢探偵」を見てきました。

c0033213_3113664.jpg


他人の夢の中に入れるという特殊な能力を
持つ影沼京一(松田龍平)の元に、刑事の慶子
(hitomi)ら警察がやってくる。

最近連続して起きた2件の自殺事件。
明らかに自殺なのだが、自殺した当人が
悪夢に悩まされながら死ぬという不思議なもの。
そして、最後に共通の人物と携帯で話をしていた。
何とか事件の全容、解決を図りたい慶子は、
影沼に夢の中へ入って貰おうとするのだが。


c0033213_3194086.jpg


他人の夢の中に入れるという探偵。
この発想が面白く、僕は俄然期待してました。
塚本監督は長年温めてきた企画だとか。
しかもこの悪夢探偵、自殺未遂を何度も
起こすし、他人の夢の中など入りたくないと、
駄々をこねる、気弱な探偵なのだ。

そして、刑事・慶子を演じるhitomiの
どう見てもエリート刑事に見えない所が
逆に新鮮で良かったです。
(足長のこんな綺麗なお姉さん刑事はね、
普通いませんよね)

安藤政信 大杉漣といった曲者刑事ぶりもいい。

c0033213_329228.jpg


この映画、全編がダークな印象です。
夢の中、それも悪夢ゆえ仕方ないですが、
撮影の照明などかなりしんどかったのではと、
映像を見ながら考えました。

自殺する時の、周りからなにやら得体のしれないものが
近づくシーンは他のホラー映画以上に恐怖心を
煽ってくるし、音楽もズシリときますね。

僕が思うに、この映画のテーマは
「潜在する死生観」でしょうか。

どんな人でも「自分の死」というものを考えたことは
あるはず。望まなくても必ず「死」はきますが、知らず
知らずに「死」を望んでいることもあるかも知れない。
そんな潜在的な「死」がクローズアップされていきます。

幼少期のトラウマなどかなり精神世界に入りこんで
ますし、夢と現実の狭間でゆれる人間描写も
あるので、少し難解な感じもします。

正直、あんまりこの「悪夢探偵」、活躍しないので、
これを「ビギニング」と考えて、早くも
シリーズ化が決まった「悪魔探偵」の
これからの活躍を期待します。

c0033213_3364699.gif

公式HPはこちらを
[PR]
by fyamasan | 2007-01-17 03:39 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31