Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

プライド33~シウバがKO負け

2月25日、午前11時から始まった
「プライド33・Second Coming」の
大阪・梅田での、パブリック・ビューイング。
チケット1枚5000円(ドリンク付き)と、少し
高いなあと思いながらも見て来ました。

c0033213_3422658.jpg


値段は高いし、大晦日の「男祭り」のような超豪華
カードではないので、満席ではなかったですが、
映画館も中々の盛況ぶり。

昨年10月に続いて2回目のラス・ヴェガス大会。
冒頭の高田統括部長の前フリもやはり全部
英語であります。
今回は、「男の中の男、出てこいや~!」が
聞けずに残念でした。

プライド33のメインは、
ミドル級の絶対王者のヴァンダレイ・シウバと、
実力者でレスリング元五輪・アメリカ代表の
ダン・ヘンダーソンのタイトル戦。
シウバが何とか、タイトルを守ると思いきや、
ダンの左フック1発で、まさかのKO負け。
ほぼ無敗の王者のKO負けに、会場も
かなりざわつきましたね。

その前の五味隆典の試合も、五味が
破れたということもあり、かなり波乱含みの
大会となりました。
中でも目を引いたのが、第5試合の
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(双子の
弟の方)とソクジュの試合。

ソクジュって一体誰やねん?と。
彼はカメルーン出身で柔道が専門。
今はシウバを破ったダンのチーム・
クエストに所属してます。

ブラジリアン柔術の模範生のノゲイラが
難なく勝ってしまうとおもっていたのだが、
なんのなんの、逆にこちらもKO負けしてしまう。
「凄い選手がいたものだ」と、正直びっくり。
サッカー界でけでなく、格闘技の世界でも
アフリカ勢の参加が目立ちます。

格闘技の世界には、本当に絶対王者が
存在しにくいものだと
あらためて痛感しました。
今後のソクジュ君にちょっと注目して下さいね。

次回のプライド34は日本ですが、またあと2回ほど
アメリカで興行をするみたいなので、次回もまた
パブリック・ビューイング見に行きたいと思います。

追記

ラス・ヴェガスの会場には、ハリソン・フォード、
ニコラス・ケイジ、チャック・ノリスの姿も見えましたよ。
[PR]
by fyamasan | 2007-02-26 04:03 | スポーツ | Comments(0)