Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

さくらん~華麗なる花魁の世界へ

時代劇にロック音楽。
担当は椎名林檎。
華麗なる色彩美。
監督はこれが初監督となる
世界的フォトグラファーの蜷川実花。
そして、主演が土屋アンナと来れば、
常識をぶっ飛ばす凄い映画であることは
間違いなし。

映画「さくらん」

c0033213_316534.jpg

江戸時代の吉原遊郭。
8歳になる少女・きよ葉は
玉菊屋に売られたきた。
花魁の仕事に嫌悪感を抱きつつ、
玉菊屋のナンバー1花魁の粧ひ
(菅野美穂)の美しさに惹かれていた。

時は流れ、きよ葉(土屋アンナ)17歳の時。
ナンバー1花魁(木村佳乃)の次に人気がある
のは、きよ葉。
気性が激しくお客のより好みをするのだが、
美貌がお客を惹きつける。
そんなきよ葉が、初めて心惹かれた客は
惣次郎(成宮寛貴)だった。

男女の欲望、嫉妬が入り混じる遊郭の世界で、
きよ葉は日暮と名を変え、この世界でトップへと
登りつめていく。

c0033213_3274676.jpg


この映画、ストーリーはさておき、
映像美に思わず唸る。
凄い!
映画に頻繁に出てくる、金魚の映像。
「びいどろ」から出れば生きていけない金魚と
同じように、遊郭の中でしか生きて
いけない花魁、遊女たちとのダブらせ方が
上手いのです。
この金魚のが異様に目に止まる。
この赤と花魁が着る着物の色とが、
またダブらせてあるのです。

画像でも分かるように、華麗なる色彩美が
椎名林檎の音楽にピタッと合うから不思議だ。
視覚・聴覚が刺激されすぎたかな。
土屋アンナも強烈だったけど、玉菊屋の女将を
演じた夏木マリさんも、かなりインパクト大でした。


カメオ出演で、キョンキョンやゴリ、泉谷しげるなど
も出ていますので、注意して見てください。

c0033213_40182.jpg
c0033213_4034100.jpg













吉原には桜の木はあるが、咲かないんですね。
「この桜が咲いたなら、お前をここから
連れ出してやる」と、きよ葉に約束したのは、
玉菊屋で働く若い男・清次(安藤政信)。

彼の約束は果たして?

c0033213_3524059.jpg

  (こちら安野モモコさんの原作コミック)


かなり過激な時代劇。
ぶっ飛び映像&音楽をぜひ、味わって下さいね。

なお、タイトルの「さくらん」とは
花魁と錯乱を混ぜ合わせたものとか。
皆さんの頭を錯乱させてくれるのでしょうか?
[PR]
Commented by はらやん at 2007-03-11 08:38 x
やまさん、こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。

監督としては新人ながら、蜷川実花さんの独自の映像スタイルがでていた作品でしたね。
豪華絢爛な色彩感覚に圧倒されました。
色の感覚は全く異なりますが、「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督にも通じるものがありました。
こちらも機会がありましたらぜひご覧になってください。
それでは!
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-03-11 11:29 x
こんにちは!いつもありがとうございます!
タイトルの由来、初めて知りました。
どなたも書かれていないんですよねぇ。
ありがとうございました!
Commented by fyamasan at 2007-03-13 03:02
>はらやんさんへ

お返事有難うございます。
監督の独自の映像センスにやられましたね。
次回作が気になるところです。
「マリー~」」も気になってますが、早めに見たいと
思います。
Commented by fyamasan at 2007-03-13 03:03
>猫姫さまへ

お返事有難うございます。
僕もタイトルの意味が知りたくて色々調べたら
そうらしいですよ。
また、宜しくお願いします。
by fyamasan | 2007-03-09 04:03 | 邦画 | Comments(4)