Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

フランシスコの二人の息子~家族愛に乾杯!

歌は心で歌うもの、気持ちを込めて歌えば
必ず通じるはず。
恋人を想い、家族を想い、魂を込めて歌った。
だから、彼らの音楽は人の心を揺り動かしたのだ。
現在のブラジルカントリー音楽において、
圧倒的な人気を持つ、デュオ、
ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの
半生を通して、真の家族愛を描いた
映画「フランシスコの二人の息子」

c0033213_074311.jpg

舞台はブラジル。
のんびりとした田舎町。
愛する妻と7人の子供と一緒に
フランシスコは、貧しいながらも
懸命に生きてきた。
音楽が好きだった彼は、長男ミロズマルに
アコーディオンを、次男エミヴァルにはギターを
与え、音楽で道が開けることを願っていた。
しかし、土地代のお金で楽器を買った為、
家族はその土地を追われることに。

見知らぬ土地での想像以上の貧乏暮らし。
その日に食べるものさえない始末。
見かねたミロズマルとエミヴァルは楽器を持ち、
バス停留所へ行き、ストリートライブをするのだが、
これが意外と好評で、お金も得たうえ、ある
マネージャーが声をかけてくる。
そして、この日、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&
ルシアーノの始まりでもあった。

c0033213_029981.jpg

ブラジルの大自然。
ミロズマルとエミヴァルの素朴だが、
美しい歌声。
フランシスコと妻の子供を愛する姿。
成功と挫折を繰り返し、一歩ずつ前に進む、
ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノを陰で支える
家族の姿。

音楽=家族という図式が出来そうなほど、この映画に
家族愛は欠かせない。
少子化が進む日本では到底見られない物語だなあと、
羨ましくもある。

素直に感動した、そういう表現が一番ぴったりな
映画ですね。
ただ、ブラジル音楽ということで、日本では興行的には
少し苦戦かなと。
レイトショーでも、かなり空席が目立っていましたが、
お客さんの中に南米系の人たちを見て、なにか
嬉しい気持ちが。
異国で自国の人気スターの映画を見るのは
どんな気持ちなんでしょうね!

音楽に酔い、家族愛に乾杯です!
[PR]
by fyamasan | 2007-04-18 00:39 | 映画 | Comments(0)