二十四の瞳(1954)~名作に涙する

もう梅田ピカデリーでの上映は終わって
しまいましたが、デジタルリマスターで
リバイバル上映された、
二十四の瞳」を見て来ました。
今更なあという思いと、一度はきちんと
見ておきたい、そんな二つの気持ちを
抱きながらの鑑賞でしたが、
めちゃめちゃ号泣してしまいました。

名作は色あせない。

c0033213_5103133.jpg

舞台は小豆島。
時代は昭和3年の春。
新任教師として、大石先生(高峰秀子)が
やってくる。
彼女が受け持つのは、入学した
ばかりの12人の一年生。
輝く二十四の瞳を持つ生徒達。

洋服を着て、自転車で登校する大石先生を
村の人たちは、「女性で自転車に乗るなんて」
「大石先生はモダンガールですからね」と
冷ややかに見られるも、子供たちとの交流が
大石の心を癒す。
しかし、時代は満州事変~日中戦争へと移り、
軍国主義がこの島にも大きな影響を及ぼし
始める。

映画は昭和3年から21年の終戦の翌年まどの
大石先生と子供たち、そして島に住む人々が
この激動の時代、どう生きてきたかを、静かに、
だが、力強く描いています。

c0033213_5204946.jpg


去年見た、
「紙屋悦子の青春」
の時と同様、
反戦映画ですが、戦闘シーンなど全くありません。、
それでいて、ズシリと重い内容が伝わってくるから、
映画、映像というのは不思議ですね。

今の小学生が「二十四の瞳」を読んでいるのか、映画で
見ているのかは、分かりませんが、僕(30代)以上の世代の
人は、教科書や学校などで必ず取り上げられたで、
内容はすでに知っていると思います。
あの頃は、新米教師と生徒たちの交流が主で、
それほど反戦を意識したことは無かったですが、
今、映画を見直してみると、作者(壺井栄)の
意図するものなど、色々と考えされられました。

軍国主義に何も言えない空気が漂う怖さ。
言えば、「アカ」や「非国民」呼ばわりされる。
「万歳!」で子供、夫を戦場に送り出す
妻、母の苦悩。
戦前の人々のつつましい暮らしと懸命に
生きていかざるをえない姿。

重い内容を秘めながら、高峰秀子の初々しい魅力と
子供たちの笑顔が、全てを包み込む優しさに満ちて
います。

映画館はほぼ50代以上の人ばかりでしたが、
DVDもリマスター版はもう少しで発売されますので、
小中学生の子供さんと、一緒に見て貰いたい映画で
あると、強くオススメします。

「仰げば尊し」などよく小学校で歌ったなあという唱歌が
何度となく流れてきますので、ジーンと懐かしさも、
思い出されます。
[PR]
by fyamasan | 2007-04-30 05:43 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28