ロッキー・ザ・ファイナル~ほんとに最後?

特典の「バッジ」欲しさに前売りを買い、
ミニポスターも買っちゃいました。
始まる前の予告編で「ランボー4」が流れて、
「これで最後かもしれない」とのテロップが。
「いやいや、もう最後にしとかないと
ダメでしょう!」

本当に最後なの?

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」

c0033213_4481633.jpg

2度のチャンプになったロッキーも、
引退し、月日は流れ、最愛の妻・
エイドリアンも亡くし、1人息子とも
疎遠な状態。
今では経営するレストランで客に
昔話をするのと、義兄と命日に
エイドリアンとの思い出の場所に行くのが、
慰めだった。
ある日、あるバーでマリーというシングル・
マザーと会う。
実は彼女は昔ヤンキーだった頃、ロッキーと
面識があったのだ。
マリーとの出会い、番組で自分と現役チャンプとの
コンピューターでのシュミレーション試合を見たりして、
ロッキーはもう一度、ボクシングを始めるべきでは
ないかと自問し始める。
無謀なチャレンジと、笑われてもロッキーは
もう一度、あの熱いハートを取り戻そうと、
トレーニングを開始した。
そして、現役チャンプとの、エキビジョンマッチが
決まった。
果たしてロッキーは?

c0033213_235484.jpg

オープニングのあの、「ロッキー」の
テーマ曲が流れると、どんどんと血が騒ぐ。
フラッシュバック的に、1~5までの名シーンが出て
くると、スタローンも年を取ったねえと感じますが、
裸でトレーニングをしているところや、試合のシーンは
「本当に還暦を迎えた人ですか?」というくらい
タフな強靭な肉体を見せてくれます。

この映画は今までの「ロッキー」シリーズの集大成で
あり、アカデミー賞を受賞したパート1へのオマージュと
なっている点が、なんとも心憎いです。

展開も結末も分かっていますが、拳を握り締め、
ついつい応援してしまいます。
疎遠だった息子の、いつの間にか、ロッキーの
セコンド陣に加わるし、親子愛をも描きます。

___________________________

この「ロッキー」ほど派手ではないですが、
ボクシングの持つ魅力を、人生をストレートに
描いているのが、チェ・ミンシク主演の
クライング・フィスト
もうDVDで出ています。

c0033213_2495560.jpg

二人の男の拳(フィスト)が交わる。

かって北京でのアジア大会で、
ボクシングで銀メダルを取った、
カン・テシク(チェ・ミンシク)も、
後輩に騙され、事業は失敗、借金まみれ。
妻子にも愛想をつかされるわで、
今では宿無し、金無し状態だった。
生活の為にと始めた「殴られ屋」の商売の
おかげで、何とかその日暮らしは出来ていた。
年齢40歳。

やんちゃで喧嘩にかつあげ、窃盗などと
悪いことはなんでもやっている、
ユ・サンファン(リュ・スンボム)
やがて捕まり未成年ゆえ、少年院に入れられる。
そこで、出会ったのが、ボクシング。
最初は人を殴るのが目的だったが、いつしか
ボクシングの深い魅力にはまっていく。

20歳も年が離れている二人の拳がぶつかるのが、
新人王選のリング。
カン・テシクはボクサーとしてもう一度輝く為に。
ユ・サンファンは初めて熱くなれたボクシングで、
頂点を目指す為に、この新人王はぜひにも
取りたい勲章だつた。

決勝のリングには、二人が立つ。
果たしてどちらが勝利を引き寄せるのか?


c0033213_3104963.jpg

ロッキーがエイドリアンと自分の為に15ラウンド
戦ったように、カン・テシクは1人息子の為に、
そして、ユ・サンファンは迷惑ばかりかけた祖母と
亡くなった父への思いを込めて、リングに上がり、
戦う。

チェ・ミンシクの鍛え上げられた肉体に、びっくり
するも、二人の痛みが伝わる拳の殴り合いに、
何とも切ない気持ちがこみ上げる。

夏の甲子園大会。
対戦している高校のどちらかが勝つ。
しかし、どちらにも勝たせてあげたい、そんな
気持ちを持ったことは皆さん、あると思います。
この二人の戦いもそうなんです。
がけっぷち親父にも、やんちゃな青年にも、
勝利を、勝たせてあげたい。

c0033213_3204175.jpg

    (殴られ屋、こんな感じです)


夢を追う、「ロッキー」か、
リアルな「クライング・フィスト」か。
皆さんはどちらを選ぶでしょうか?

どちらもテーマは「ネバー・ギブ・アップ!」
[PR]
by fyamasan | 2007-05-04 02:44 | 映画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧