Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ダイ・ハード4~不死身の男、復活!

1988年頃といえば、ビデオレンタルの影響で、
アメリカの映画界は不況。
なんとか観客をスクリーンに呼び戻そうと、
大スクリーンで見せる映画をたくさん作りました。
その一つが、「ダイハード」でした。
高校生の僕は、今は無き、パノラマスクリーンの
OS劇場で見て、大感動した覚えがあります。
そして、パート2は、試写会で確か、御堂会館で見ました。
ジェット機からマクレーン刑事がどのように出てくるのか?
あのシーンがとても印象に残っていますね。
パート3は社会人になりたて、そして30歳を何年か
越えて?ようやくパート4を見ることが出来ました。

前ふりが長くなりました。
映画「ダイ・ハード4.0」

c0033213_2122916.jpg

今もNYで刑事を続けるジョン・マクレーン(ブルース・
ウィルス)。
妻とは離婚、今は年頃の娘の行動がとても
気になる。
そのためか、かなり行き過ぎた干渉が、娘をさらに
遠ざけさせるのだが。

事件は何もないように思えた。
一人のブラックリストに載っている悪質なハッカーを
署まで連れて行く、それだけの任務のはずだった。
しかし、このハッカーが悪意無く仕組んだプログラムが
全米を恐怖に包む、サイバーテロにつながるとは、
思いもしなかった。
アナログなマクレーン刑事にハイテクなサイバーテロ
軍団の対決。
「決してくたばらない男」の大活躍が始まる。

c0033213_224948.jpg

最近のアクション映画に多い、「ありえね~」アクションも
ふんだんに使っていますが、見ていて安心できる映画
でした。
このシリーズの面白さは色々あると思いますが、
マクレーンと犯人たちの粋な会話も、このシリーズの
醍醐味だし、関係がギクシャクしていた者同士が、強い
絆で結ばれていくのも、見ていて感動があります。
あと、偶然にも一緒に戦うことになるパートナーとの
やり取り、関係も良いんですよね、この映画。

今回は父、マクレーンと娘との関係の変化にも注目
してください。
父が嫌いで、母方の苗字にしていた彼女でしたが、
ラスト近くにはどうなっていたでしょうか?

c0033213_2333672.jpg


アナログ男のマクレーンの意地も見れますし、犯人グループで
紅一点の女性をマギー・Qが演じていますが、めちゃめちゃ
綺麗で、この女性になら殺されても仕方ないかも?と
思わず考えてしまいましたが、この美しさは大スクリーンで
お楽しみくださいね。

このまま、年をとりつつもその年齢にあう、マクレーン刑事を
見たいですね。

c0033213_2385825.jpg

[PR]
Commented by ザ・支配人 at 2007-10-18 11:09 x
TB、コメント有難うございます。ブルース・ウィリスは本当にカッコいいですね!!年齢や体力を考えると厳しい部分もありますが、できる範囲内で今後もこの手のアクションで活躍して欲しいと思います。
Commented by fyamasan at 2007-10-20 03:16
>ザ・支配人さんへ

お返事ありがとうございます。
スタローンみたいに、筋肉増強剤を使うのは
どうかと思いますが、なんとか頑張ってアクション
続けて欲しいですね。
by fyamasan | 2007-07-28 02:39 | 映画 | Comments(2)