Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ローグ アサシン VS アドレナリン

「少林寺」のリーリーチェンからハリウッドで
世界のジェット・リー。
アスリートから俳優へ、アクション俳優として
名前を広めた、ジェイソン・ステイサム。

この二人が共演するということで、
見ずにはいられませんでした。
しかも、「天六」の映画館で上映じゃないか!

c0033213_665010.jpg


舞台はサンフランシスコ。
ここでは、中国マフィアと日本のヤクザが
抗争を繰り返していた。
FBI捜査官のクロフォード(ジェイソン・ステイサム)と
相棒のトムは、伝説の暗殺者、ローグの行方を
追っており、トムが確かにローグを撃ち殺した
はずだった。
しかし、数日後、トムの家族はローグに襲われた。

それから3年後、クロフォードの前にローグが関与
したと思われる事件が起きる。
今こそ、3年前の親友の復讐をと燃えるクロフォード。
だが、中国マフィアと日本のヤクザの抗争が
最高潮に達していた。

c0033213_6132772.jpg


これも大いに笑わせて貰いました。
まさしく「B級の館」映画でした。

日本のヤクザのドンとして、石橋凌。
なかなかの英語です。
その娘にデヴォン青木。
日本語が上手いなあと思ったら、吹き替えでしたね、

中国マフィアのボスがジョン・ローン。
「ラッシュアワー2」以来でしたが、まだまだカッコいいぞ!
もっと色々な映画に出て欲しいものですね。

c0033213_6213058.jpg


日本のヤクザの描き方。
まだまだステレオタイプですが、これを許すぐらいに
ならないと、この手の映画は楽しめません。
いまだにヤクザは忍者しているし、わけのわからない、
慣用句、ことわざの文字を垂れ幕にしていたりと、
21世紀になっても欧米から見た日本の姿が
よく分かります。

ただ、ローグの正体は予想できませんでしたね。
考えると色々と複線は張っていますね。

これは「パーフェクト・ストレンジャー」より
衝撃なオチでした。


広い心を持ってB級映画を楽しんでみるか、
そんな気持ちで見てくださいね。
あと、突込みが好きな人も必見ですよ。


c0033213_6294510.jpg


FBIの捜査官から一転、毒を盛られて
アドレナリンを出し続けないと死んでしまう
男を、ジェイソン・ステイサムが演じるのが、
その名もずばり、「アドレナリン」です。

DVDは11月23日、発売予定です。
原題が「CRANK」


堅気になろうと決意したジェイソン・ステイサムですが、
なかなか仲間が許してくれません。
挙句に毒を盛られてしまいます。
その対処法が「とりあえず、アドレナリンを出し続けろ!」
ハイテンションで、解毒剤を探し回る、J・ステイサム。
他人のことなんてかまってられるかと、なんてわがままな
奴と。でもここまでやってくれると見ているこちらも気分が
良くなるのは、なぜか?


c0033213_6365364.jpg

こちら↑の画像も病院に押しかけ、なんとか薬を
手に入れようとしている様子です。


果たして、解毒剤は手に入れたのか?
アドレナリンは出し続けたのか?

ラストが気になるが、答えは映画を見てのお楽しみです。
[PR]
by fyamasan | 2007-10-09 06:43 | B級の館 | Comments(0)