Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

大統領暗殺~愛国者法への疑問

2007年、10月19日。
もうすぐです。
この日、世界が驚くニュースが流れる。

アメリカ合衆国第43代大統領、
ジョージ・W・ブッシュが暗殺

その後、アメリカ、世界はどう変わるのか?

究極の擬似ドキュメントがアメリカを
世界をあざ笑う!

映画「大統領暗殺」

c0033213_1415866.jpg


2007年10月19日。
滞在先のシカゴ、シカゴ経済倶楽部に招かれて
アメリカ合衆国第43代大統領、ジョージ・W・
ブッシュは、シェラトン・ホテルに到着。
一万人を越える反ブッシュ勢力が待ち構える中。

無事に演説も終え、ロビーにブッシュが現れた時、
事件は起こる。
ブッシュが2発の銃弾を浴びる。
すぐさま、車で病院へ直行するも、
しばらくして、ブッシュの死が報道される。

犯人は誰のか?
そして、ブッシュ亡き後のアメリカはどうなるのか?


c0033213_1483874.jpg


映画としての評価はともかく、このような映画を
作れる、作る土壌がある映画界というのは、すごい
ものだと、改めて感じた。

監督のガブリエル・レンジはイギリス人。
彼の学歴が面白い。
医学部に入るも、院はジャーナリズムを専攻。
卒業後はテレビ局でドキュメントを手がける。

彼のこの映画を作った理由が、この一言。

「現実がいかに簡単に歪曲できるかに
一番魅了されたんだ」


映画を見てもらうと、この言葉がものすごく分かる。
どこまでが本当でどこが嘘なのか、本当に区別つかない。
ディーテイルにこだわり、数多くの画像を編集した映像は、
本物以上に、「リアル感」をかもし出す。

映画は二部構成。
ブッシュ暗殺までの過程が一部で、暗殺犯探しが二部となる。
そして、この映画を作った本当の目的は最後に分かるのでは
ないかと、僕は考えています。
公開後すぐなんで、何も言いませんので。

みなさんの目で確かめて貰いたい。
何が真実で何が作り物なのか?

でも本当に、真実は一つなのだろうか?
[PR]
Commented by mezzotint at 2008-01-08 10:50 x
コメント・TBありがとうございました!
生存されている現職大統領のことだけに
この内容にはちょっと驚きですが・・・・。
こういう作品を製作して、全世界に発信する
ということは、勇気いりますね。
ということで今年も宜しくお願いいたします。
Commented by fyamasan at 2008-01-10 06:49
>mezzotintさんへ

お返事ありがとうございます。
いよいよアメリカ大統領選が本格的にスタートしましたね。
ヒラリーなんでしょうかね。
ヒラリーならこの手の映画は出来なかったですよね。

こちらこそ、今年も宜しくお願いします。
by fyamasan | 2007-10-16 02:05 | 映画 | Comments(2)