Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

宝塚映画祭~いよいよ大詰めへ

先週の土曜日から始まった「第8回宝塚映画祭」も
いよいよ大詰めを迎えています。

今年は副事務局長として、活躍?、
シネマコミュニケーターとして、人前で
映画のご紹介もさせてもらいました。
しどろもどろでなかなか上手いトークには
いきませんが、少しずつ階段を上がっている
ような気もします。

開催中の映画はそんなに見れていませんが、
坂本九の「アワモリ君西へ行く」が超おすすめですよ。

c0033213_1481358.jpg


東京に住む、アワモリ(坂本九)は、
友人のダイガク(ジュリー藤尾)が大阪へ
転勤になったことで、経営を勉強すると
いう名目で、ダイガクと共に大阪へ向かう。

ホテルの従業員をしたり、探偵をしたり、蕎麦屋の
出前をしたりと、色々な役になるアワモリ君。


1961年製作なので、その当時の
大阪(梅田~難波。大阪城)
宝塚ファミリーランドの姿もスクリーンで
確認出来ますから、これはかなり貴重です。

共演者も、
森山加代子、渡辺トモコ、高島忠夫、浜美枝
藤田まこと、夢路いとし、こいしなど、豪華な
顔ぶれをお楽しみいただけますよ。
しかも、46年前の映像ですからね、みな、若いです。

11月2日、20時40分から最後の上映となりますので、
見に行ける方は、宝塚までお急ぎ下さいね。

詳細はこちら



「第8回宝塚映画祭」

[PR]
by fyamasan | 2007-11-02 02:05 | その他 | Comments(0)