Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ブレイブ・ワン~一線を越えるとき

よく「一線を越える」という表現を耳にする。
今までとは違う自分、生活、人生を送らざるを
得なくなる、その時を迎えるときに。

映画「ブレイブ ワン」

c0033213_3243817.jpg


NY,ラジオパーソナルティーとして、活躍する
エリカ・ベイン(ジョディ・フォスター)は、
婚約者デイビッドとも結婚まじかと、幸せの
絶頂にいた。
しかし、夜の公園で二人は暴漢(ギャング)に
襲われ、エリカは重症、デイビッドは亡くなってしまう。

退院後、一人残された部屋で、エリカは大きな
喪失感から立ち直ることも出来ず、部屋から
出ることも出来ないでいた。

恐怖を克服するために買った拳銃が、彼女の人生を
変えていく。
たまたま売店の発砲事件に遭遇。
彼女は犯人を射殺してしまう。

それから彼女は身の回りで起きる、法では裁かれない
犯罪者を銃で殺していき、マスコミは正義の処刑人として、
謎の犯人(彼女)を持ち上げていく。


c0033213_338369.jpg


この映画を見ていて、僕は「落としどころ」というか、
どのような結末を、ニール・ジョーダンは考えているのか?
ずうっと考えていました。

うう~ん、そう来ましたか。
これは「poetic justice」にあたるのかなと、
僕は考えましたが、賛否両論にあたりますね。
皆さんはどう考えるでしょうか?


あと、凄くきになったのが、場面の重ね方。

ギャングに襲われ、デイビッドがひどい姿で
病院に運び込まれた時、彼の裸の痛々しい
姿が映ると、次に、エリカとのラブシーンの姿が
映り、そして、またデイビッドの姿がと、
愛を育む一番美しい時間を移しながらも、片方では
見るに耐えない、痛々しい姿を見せるとは、
ニール・ジョーダン凄いなあと、びっくりしながら
見ていました。
c0033213_3525475.jpg



謎の処刑人を追う、刑事ショーン・マーサーを
演じたテレンス・ハワード。
黒人俳優は売れてからの落ちていくスピードも
早いので、彼には長いこと、第1線で活躍して
もらいたいですね。

一線を越える前と越えた後のジョディ・フォスターが
どう変わっていくのか?
緊迫した展開から目が離せないですよ。
[PR]
Commented by miyu at 2007-11-16 06:11 x
そうですね。展開はとても緊迫していて、気付いたら手に汗をかいて
いそうな感じでしたよね。病院に運び込まれたときの場面の
重ね方はかなり斬新でしたよね~。
Commented by fyamasan at 2007-11-18 03:18
>miyuさんへ

コメントありがとうございます。

ですよね、ラブシーンとショッキングなシーンの
重ね撮り、かなりびっくりしましたが。
by fyamasan | 2007-11-15 03:53 | 映画 | Comments(2)