Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ブレードランナー ファイナル・カット

いよいよ12月になり、今年もあともう少しですね。
そろそろベスト10を決めなきゃなあと思う
時期ですね。

さて、そんな時期に驚くべき映画が結構ひっそりと
公開されました。

「ブレードランナー ファイナル・カット」

映画ファンなら誰もが知る?ぐらい有名な映画ですが、
バージョンが5本あることをご存知でしょうか?

今回が本当に最終版かな?

「ブレードランナー ファイナル・カット」
製作25周年ということで、監督のリドリー・スコットが
再編集したものです。

c0033213_3293440.jpg


(Amazon.comより)

2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。
強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは
人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が
5体、人間を殺して逃亡。
「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、
警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=
「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソン・フォード)が、
単独追跡を開始するが・・・


今回もオープニングのロスの夜空に舞う
炎のシーンに、またも心奪われる。
降りしきる酸性雨。
悲しみを背負う、レプリカント。
特にリーダー格のロイを演じる、
ルドガー・ハウアーは当たり役でしたね。


c0033213_3372286.jpg


僕が初めて、「ブレード・ランナー」に触れたのが、
高校生の時。
劇場版をようやく映画館で見ることが出来ました。

次に実は残虐シーンなどをカットしたバージョンがあると
いう話を聞き、それが「完全版」だと分かりました。
急いで、ビデオを借りに行きましたね。
ロイが目玉をくりぬくシーンもばっちり見ました。

それから月日が流れて、またある話を聞きました。
実は劇場公開版を監督は気に入らず、自分で編集した
バージョンがあるという。
それが、「ディレクターズカット ブレードランナー 最終版」

こちらは劇場公開されたので、見に行ってきました。

そして、今回の「ファイナル・カット」と合計3本、
バージョン違いを見たことになります。


c0033213_34414100.jpg



ここで、またびっくりする話なんですが、
5のバージョン違いがある、「ブレード・ランナー」の
その全てを見れるDVDシリーズがもうすぐに
発売されます。

『ブレードランナー』製作25周年記念
アルティメット・コレクターズ・エディション・
プレミアム(5枚組み)
であります。

こちらには、

■現存する本編5バージョン全てを収録!

1.リドリー・スコットが製作25周年を記念して
再編集。『ブレードランナー ファイナル・カット』
(2007) 初ソフト化

2.劇場公開前のリサーチ試写で使用された、
オリジナル本編『ブレードランナー』
ワークプリント(1982) 初ソフト化

3.オリジナル劇場版『ブレードランナー』
(1982) 初DVD化

4.オリジナル版から削除された残酷シーンなどを
追加したインターナショナル劇場版
『ブレードランナー 完全版』(1982) 初DVD化

5.音声・画質初リマスター
『ディレクターズカット/ ブレードランナー 最終版』(1992)

まさに「ブレード・ランナー」通にはたまらないDVDボックスと
なっていますね。

これは機会にぜひとも、「ブレード・ランナー」の世界に
触れてくださいね。
そして、どの「ブレード・ランナー」が気に入りますか?

なにやら、Amazonの宣伝みたいになりましたが、、、。
[PR]
by fyamasan | 2007-12-04 03:51 | 映画 | Comments(0)