君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
人が受けた傷。
時代が受けた傷。
どちらも時間がいつかは癒してくれると
信じたい。
でも、あまりにも大きすぎる傷は、
本当に癒せるのだろうか?
戦後60年を迎えたあたりから、
過去の戦争や出来事を振り返る映画が
相次いで公開されています。
ヒトラー最後の12日間
もしかり、「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」
もそうですが。

ハンガリーで1956年に起こった
「ハンガリー革命」を描いた、
映画「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」



c0033213_335255.jpg



あらすじ:
1956年、ソ連の弾圧支配に抵抗すべく民衆が
蜂起したハンガリー。メルボルン五輪に向けて
水球チームのエースとして活躍するカルチ
(イヴァン・フェニェー)は、学生デモを統率する
女子学生ヴィキ(カタ・ドボー)と出会う。
革命を信じる彼女と接し、ソ連軍が市民を撃ち殺す
光景を見たカルチは、自由のための戦いに
身を投じてゆく……。(シネマトゥデイより)

c0033213_35876.jpg

テーマは重く、内容も色々考えさせられる。
しかし、恋愛を盛り込み、迫力あるアクションシーンも
あり、盛りだくさんなこの映画、見逃せませんね。

日本人には遠い国、東欧の国々。
ドナウの真珠といわれる、ドナウ河畔の街・
ハンガリーの首都ブタペストを舞台に描かれる。

水球と女性にしか興味なかったイケメンの
選手が、運動家の彼女に惹かれ、何が本当に
大切なことなのかと悟り、彼は変わっていく。
男女の恋愛&成長も描きつつ、政治に翻弄
されていく、服従国の悲劇が胸を打つ。

ナチスの脅威が去ったと思ったら、共産主義が
やってくる。
そして、反体制者を探す密告を奨励する
秘密警察の実態も、とても怖い。
このあたりは、今年公開された、
「善き人のための、ソナタ」にも共通する
ところがあります。

ただ、「ソ連=悪者」をいうイメージがとても
つよく描かれすぎている気はしますが、
当のハンガリー人にとっては、それが当たり前
なのかも知れませんが。


c0033213_3183630.jpg


ラストに流れる、ハンガリーの詩人サンドラ・マライの
「天からの天使」がまた、胸を締め付ける。

「自由に生まれた者には理解できない。
自由であることがどんなにすばらしいかがわらない」


製作がハリウッドのプロデューサーで、
監督が女性監督。

必見であります。
[PR]
by fyamasan | 2007-12-11 03:31 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル