Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

リアル鬼ごっこ~走れ~逃げろ~

巷で注目の「リアル鬼ごっこ」
塾の中学生もかなり、気になるらしいですが、
「受験生なので、終わってからね」と言ってますが。

映画館には、高校生や10代が多かったですね。

映画「リアル鬼ごっこ」

c0033213_2114138.jpg


あらすじ:
日本で最も多い名字“佐藤”姓の人々が、
全国で相次いで亡くなるというニュースが世間をにぎわせていた。
ある日、不良高校生の佐藤翼(石田卓也)は、
対立する不良グループとの追走劇の最中に異世界へと
紛れ込んでしまう。
そこでは“佐藤”姓の人々が王の仕向けた鬼に追われ、
捕まると殺される鬼ごっこが行われていた。
(シネマトゥデイ)

僕は山口ですが、これもまた多い名前でありまして、
たぶんベスト10内には入るかと思いますが。

原作と映画は別物らしいと聞きました。
まだ原作は読んでいませんが、かなり文章が
凄いらしいですね。

この映画の凄いところは、ネットでも書いてありますが、
とにかく、「走る、逃げる、走る
この映像がやはり凄いです。
よくこんだけ全力疾走出来るなあと、30代後半へと
向かう僕には、とてもじゃないけど、真似出来ない。
しかし、命が狙われているので、
必死に走るのも無理ないかなと

あと、「鬼」の姿も面白いし、逃げる時間帯も決まっていて、
その時間帯以外は普通に生活出来るというのが、笑えた。
(そんなの、普通に生活出来るかよ~!)

c0033213_2125979.jpg


映画はいかにリアリティがあるかによって、観客がその映画に
入り込めるかが、決まってくるんだと思います。
その点、この映画では入りそうで、入り込めないリアルさで、
なんとももどかしくて、前半はすごく良いのですが、後半は
リアルさが低くて、どうも見ていてテンションが下がってしまい
ました

ただ、ラストで盛り返したあたり、僕的には満足しましたが。


パラレルワールド?
なぜ、「佐藤さん」なの?
出演者の「走る」映像は、必見ですので、DVDではなく
劇場のスクリーンで見てもらいたいと。

必死に逃げ回る、佐藤翼(石田卓也)も良かったですが、
妹を演じた、谷村美月にも注目ですよ。

ちなみに映画館で「佐藤さん」を証明出来れば、
料金が安くなるらしいですよ。

佐藤さ~~ん、映画館へ走れ~
[PR]
Commented by カズ at 2009-05-07 21:42 x
こんにちは
意外と世間的には不評でしたが 俺は面白かったです
いろいろと突っ込みどころもありますが 一生懸命に作られてますよね
鬼がブキミで 異様でよかったですよね
意外とハイテクで 中身の兄ちゃんの素顔も拝見・・・・
人間的なところがいいですよね
Commented by fyamasan at 2009-05-10 01:34
カズさんへ

実際、僕も走っているシーンを撮影しましたが、この映画のような
リアルなシーンは撮れませんでしたね。
かなり本気で走っていると思います。
ハイテクなところとアナログが混ざった感じではないでしょうか?
Commented by カズ at 2009-05-10 10:15 x
アメリカ映画でもハイテクを売りにしていても かなりべたな
アナログな技術が取り入れられてますからね
走ってるシーンは 臨場感というか 本気さが出てましたね??
鬼がブキミに 後ろから追いかけてるのも 新鮮
あのワイヤーの武器 体真っ二つに切るわ 
優れものです 鬼のマスクのデザイン 一度見たら忘れられない
ものがあります マスクの機能はターミネーター張りの 情報を得れるハイテクの優れもの 見た目はアナログだけど(笑)
主人公が鬼を倒したところで 装備剥がして 鬼に変身とかも
ありかもですね(笑)
Commented by fyamasan at 2009-05-12 04:52
カズさんへ

僕もあの鬼はカッコイイと思いました。
あの鬼の仮面が欲しかったですね(^・^)
主人公が鬼を倒して、その後の展開があるほうが、違った
ラストとなり、面白かったかもしれませんね。
この映画のリメイクもハリウッドで見たいなあと思いますが。
Commented by カズ at 2009-05-13 21:31 x
映画はお金がないと やはりアイデアが出てきて面白くなるのかと・・・ 
鬼のコス ほしいようね
Commented by カズ at 2009-12-28 18:36 x
昨日 たまたま何人かで鑑賞しました 世間の評判も両極端のようですが
評価まちまちで面白かったです 鬼の追跡シーンとか 逃げるシーン 妙にリアルで いいですよね
どうしてもだらけてしまうのですよね 
中盤に・・・・
妹が逃げ込んだ ビルのシーンで妙にビルに潜入する2人目の鬼の描写が思わせぶりで みんな翼の変装と思っていたようです
妹に近づいたところで 鬼の面をはずしてというありがちな変装シーンかと 違っていてみんなずっこけてましたね(笑)
Commented by fyamasan at 2009-12-30 03:29
カズさんへ

中盤にだれてしまうのが、残念ですが、僕も好きな映画ですね。
もう一度、何かで見直したいですが。
みんなとワイワイ見れば、また違った感じになるでしょうね。
Commented by カズ at 2010-01-04 10:56 x
続編を今 撮影されてるみたいですね 
1を上回るできに期待・・・・
Commented by fyamasan at 2010-01-05 02:11
カズさんへ


え、そうなんですか?
1のあの後からの話なんでしょうかね?
まあ、ネタはいくらでも出来る話ですけどね。
どうなるんでしょうね。
Commented by カズ at 2010-02-08 20:46 x
詳細はわかりませんが 話の続きのようです
鬼役のエキストラの募集とか していましたから
ズボンとブーツは自前なんですね 制作費抑えていますよね
Commented by fyamasan at 2010-02-10 01:19
カズさんへ

鬼のエキストラやりたいですね。
足には結構自信ありますので、。
どんな続編なのか、楽しみです
Commented at 2010-02-10 22:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fyamasan at 2010-02-16 01:28
カズさんへ

確かにホラーが作りやすいと思いますが、低予算の傑作の「運命じゃない人」は、アイデア次第で映画って凄いものが作れるんだと、思わせてくれました。僕もアイデアでB級映画の凄いものを作りたいですね。
Commented by カズ at 2010-02-16 21:10 x
「13日の金曜日」「ハロウイン」 アイデアですよね
邦画でも十分できたものですよね
最近Vシネマも 元気ないですよね
バイオレンスなものも すっかり出てこないですし
Commented by fyamasan at 2010-02-24 02:24
カズさんへ

Vシネマ、まだまだ頑張って欲しいですね。
アイデア次第でどんどん面白くなるんですけどね。
個人的にはバイオレンス、撮りたいですね
by fyamasan | 2008-02-20 02:13 | 邦画 | Comments(15)