Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

TOTO&ボズ・スキャッグス~至福な時間

時代は「Back to the '80s」らしい

今年に入って、ポリスの来日コンサートもあり、
四月には、
「ナイトレンジャー&ファイアーハウス」の
ジョイント。
また、
「シカゴ&ヒューイルイス&ザ・ニュース」の
ジョイント。
5月には(しかも僕の誕生日9日に)
ASIAのオリジナルメンバーによるライブ。

そして、おそらくこれで最初で最後となる、
TOTO&ボズ・スキャッグスのジョイントライブ
 IN フェスティバルホール、行ってまいりました


c0033213_2133459.jpg


2大 AORの競演ということで、「大人のロック」
至福の時間を過ごしてきました。

ほぼ7時過ぎに開演で、ボズ・スキャッグスが登場。
御歳、63歳。
ゆえに頭も禿げてしまい、ちょっとおじいさんぽかった
ですが、あの甘い声は健在でした。
「Slow Dancer」 「Harbor Lights」など有名どころから
あの「We're all alone」も聞かせてくれました。
この曲は最後にTOTOとやるのかと思いきや、
あっさり歌っちゃいましたね。
個人的には、「Heart of mine」が聞きたかったですが。

途中から、デヴィッド・ペイチがキーボードで入り、
この時の歓声がまた良かった。
そして、ラストあたりで、スティーブ・ルカサーも
ギターで参加してきました。
また、歓声が凄い!


そして、セットのチェンジの後、TOTOの登場。

チョイ悪おやじな感じで、かっこいいぞ
TOTOのオリジナルメンバーのスティーヴ・ルカサー、
元気いっぱいにステージを動き回る。
これまたオリジナルメンバーのヴォーカルの
ボビー・キンボール。
やたらと、ステージから消えたり、出てきたりするので、
気になりましたが

ベースのリー・スクラーはなんか仙人みたいで、神がかり的な
雰囲気が漂ってましたね。

「ロザーナ」「アフリカ」の2曲が聴けただけでも
良かったですが、会場を盛り上げようとする、
彼らの姿勢が良かったです。

c0033213_2143538.jpg


僕的には「TOTO IV~聖なる剣」あたりしか詳しくは
知らないので、もう少し予習をすれば良かったかなあと
少し後悔

ラストは、ボズを招いて、一曲。
これまた痺れたなあ。

7時から始まって、終わったのが、10時45分あたり、
かなり長時間でした、みなさん、お疲れ様でした。

個人的には、マイクの音量がもう少しあってもと思いましたが、
あんな感じなのかな?
ところどころ、聞き取りにくかったので。

やはり年齢層は高かったです


でも、至福な3時間弱な時間を過ごせましたね。


ありがとう~TOTO&ボズ!

さあ~、来月は「シカゴ&ヒューイルイス&ザ・ニュース」だ!


グッズも色々売ってました。
とりあえず、プログラムとTOTOの携帯ストラップ
買いました。
ボズのポスターが売っていたのには、びっくり
[PR]
by fyamasan | 2008-03-26 02:14 | 音楽 | Comments(0)