Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)

レイトショーということもあり、子供の姿はなく、
OLの二人連れや、大学生あたりも多かったです。

映画「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」
劇場版、第12弾。

c0033213_1756100.jpg


あらすじ:
高名な元ピアニストが率いる音楽アカデミーの
出身者ばかりを狙った連続殺人事件が発生。
コナンたち一行はその元ピアニストが作った音楽
ホールのコンサートに招かれるが、コンサート本番に
向けて次々と不振な事件が続発する。
そして本番当日、コナンたちがコンサート会場を訪れると、
大爆発が起こり会場は火の海に包まれてしまう。
(シネマトゥデイ)

コナン映画の醍醐味の推理も良いのですが、映画館で
大きな音響で聞く、クラッシックの曲が良いですね。
パイプオルガンの曲が胸に響きました。
サントラが欲しくなりましたね

さて、本題ですが、音楽と推理が絶妙な感じで
交じり合い、良い感じの仕上がりです。
・オルガンの調律の話
・絶対音感
犯人のヒントとなるネタも所々にちりばめているので、
自分で色々と考えていき、最後にコナンがどう結論だすのか?
それと合わせるのも楽しいです。

c0033213_23135070.jpg


僕的には「信頼」がテーマのような気がします。
こちらもネタになっていますので

そして、再び音楽ですが、「秋葉怜子」という歌手が
歌う、「アメージング・グレース」が特に印象に残りました。
この曲のテーマは「癒し」。
聞いていても癒されますね。

来年の13弾も楽しみにしています。

「真実はいつも、ひとつ!」
[PR]
by fyamasan | 2008-04-26 17:05 | 邦画 | Comments(0)