Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

大いなる陰謀~うさんくさいか、Yes or NO?

賛否両論の映画も珍しくはないですが、
この映画、僕の周りでも真っ二つに分かれました。

見るべきか、いやいや、そういう評価の映画なら
見るべきだろうと。

映画「大いなる陰謀」

c0033213_5193328.jpg


あらすじ:
未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング
(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(
メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報を
リークする。そのころ、大学教授マレー
(ロバート・レッドフォード)の教え子
(デレク・ルーク、マイケル・ペーニャ)は、
兵士としてアフガニスタンの雪山でその戦略のひとつに
携わっていた。(シネマトゥデイ)

プロバガンダ映画って?
いやいや、これ、今のアメリカの現状のひとつを
描いていますやん。

うさんくさい政治家を、うさんくさいトム・クルーズが
見事に演じていました。
トム・クルーズ、どうもしっくり来なかったんですが、
「うさんくさい」、この言葉を他の人から聞いて、
なるほどと思いました。

c0033213_5394828.jpg


時間は90分。
最後は「え?」というところで終わる。
でも、これが良いです。
クルーズをはじめ、メリル・ストリープ、レッドフォードや
豪華俳優が時間が短いですが、的確にキャラを演じてました。

クルーズとストリープのやりとりは、本当に堪能しました。


前に読んだ「貧困大国アメリカ」でも指摘されていましたが、
学費ローンで苦しむ若者が戦場へいくという現実。
映画でも、「現実の世界を見たい」と、マレーの教え子2人は
アフガンへ派遣されますが、「意義のある戦争なら良い。
しかし、今の戦争には意義などない」とマレーは行かせまいと
しますが。

c0033213_5205128.jpg


巨大企業に回収されたメディアでジャーナリスト魂を
貫きたいと願うロス。でも、現実はそんな簡単ではない。
メディアが望まない記事を、書こうとするロスに編集長は、
「介護のいる母を抱える、50過ぎの君を雇う会社は
あるのかい?」

大手クライアントがトヨタであるために、「トヨタ」の
提灯記事しか書けないマスコミと似たようなところでしょうか?


アウトロー作家の宮崎学さんの「正義を叫ぶやつこそ、疑え」
の言葉通りに、アーヴィングの「国のため、民主主義のため」の
言葉が、とても「うさんくさい」

僕が衝撃というか、これが本音だろうなあと感じたのが、
アーヴィングのアフガニスタンやイラク・イランに
対して、「なぜ、こんな偉大な国が、辺境の小さな異民族に
翻弄されなければならないんだ」と、ロスに突っ込む場面が
あるんです。

これって凄くないですか?
「やれ、民主主義だ」「自由だ、平等だ」って、叫ぶくせに
所詮は「上から目線」ですよね。


清水節さん(eiga.com)が書いている、この文章が映画を
物語っていると思います。

これは、怠惰な学生、いや無関心なすべての大衆に
向けられた起爆装置だ。
自由と正義の大義に騙されるな、犬死にするな、起て! 
このままじゃいけないという切迫感みなぎる監督
レッドフォードの眼差しは、世界を変える者たちの
出現をあきらめていない。
本作をウザイ説教と取るか、触発され何かを決断するか、
あなたの意識が問われている。


皆さんはどうとらえますか?
[PR]
by fyamasan | 2008-05-13 05:22 | 映画 | Comments(0)