Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

最高の人生の見つけ方~貴方はどうする?

前評判も良いこともあり、劇場は昼間にも関わらず、
上々の入りでした。
中高年が多かったですが、大きな笑い声が何度も
起きました。

余命6ヶ月、貴方はどう生きる?

映画「最高の人生の見つけ方」

c0033213_1531939.jpg



あらすじ・
自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)と
実業家で大金持ちのエドワード(ジャック・ニコルソン)が
入院先の病院で相部屋となる。
方や見舞いに訪れる家族に囲まれ、方ややって来るのは
秘書だけという2人には何の共通点もなかった。
ところが、共に余命半年の末期ガンであることが判明し、
カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした
“棺おけリスト”を見つけたエドワードは
リストの実行を持ちかける。
2人は周囲の反対を押し切って冒険の旅に出るのだった。


「スタンド・バイ・ミー」で少年たちの繊細で多感な
感情を見事に描いた、ロブ・ライナー監督が今度は、余命
6ヶ月の老人たちの感情を、これまた見事に描く。

映画「死ぬまでにしたい10のこと」はまだ若き女性が
余命3ヶ月で、書いたリスト。

カーターとエドワードが書いたのは、「棺おけリスト」

・スカイダイビングする
・壮厳な景色を見る
・世界一の美女にキスをする
・見知らぬ人に親切にする
・泣くほど思いっきり笑う
・ピラミッドを見る

などなど、彼らは思いつくままやりたいことを
リストに書いて、大富豪エドワードの財力で、
それを実行していく。

リストは全てクリア出来たのか?
そして、彼らはこの旅で何を得たのか?

c0033213_1542689.jpg


涙は出ませんでしたが、心で泣きました。
J・ニコルソンとM・フリーマンの二人が
素晴らしい!
自然に自然に、それぞれのキャラクターを
演じているのが、凄いです。
エドワードの秘書やカーターの妻という脇役も光っていましたね

どのリストにも彼らの思いが詰まっているので、見ていて
ジーンときます。
ラストシーンも良かったです。

ぜひとも、映画館でご覧下さい。


余命6ヶ月の二人の姿

夢はかなえられなかったが、最愛の家族と暮らすカーター。
お金には苦労しないほど稼いだが、なにか心が空虚なエドワード。

どちらの人生が良かったのか?
答えは人によって違いますが、人生の最後をどう過ごすか?
それによって人生が、どうだったのか?
分かるような気もします。


・自分の人生に喜びを見出したか?
・他人に喜びを与えたか?

みなさんはどう答えますか?

カーター、エドワードはどう答えるのか?


今年の山さん13号のベスト10入りは確実な映画です。
[PR]
Commented by mezzotint at 2008-06-16 22:11 x
こちらこそ、いつもTBのみで失礼しておりますm(__)m
鑑賞前はさほど気にとめていない作品でしたが・・・・。
さすが大御所2人の演技、存在感が際立った作品でした。
もちろん脇をかためる、秘書&カーターの妻の存在も重要な
でしたよね。こちらこそまた宜しくです!
by fyamasan | 2008-05-22 01:54 | 映画 | Comments(1)