Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

光州5・18~事実に光を

自国の暗部の歴史をきちんと映像化する韓国。
「シルミド」に続き、今も正確な死者数が
分からない、「光州事件」を取り上げた
映画「光州5・18」


あらすじ・

c0033213_1125491.jpg


1980年5月18日、韓国・光州市。
この町で25000余名の戒厳軍が民主化を要求する学生、
市民らと衝突した“光州事件
…タクシー運転手の青年ミヌ(キム・サンギョン)は
早くに両親を失い、たった一人の弟ジヌ(イ・ジュンギ)と
暮らしていた。父親代わりでもあるミヌは、弟に格別の
愛情を寄せていた。
そして、ミヌが想いを寄せる看護師のシネ(イ・ヨウォン)。
彼女は母親を亡くし、父親フンス(アン・ソンギ)との
二人暮らしだった。彼らの平和な日常は、その日を境に
突如として襲った嵐のような戦禍にまみえていく。
ミヌは、ただその現実が夢であることを願った。
軍の銃弾に倒れた弟のジヌ。
かけがえのない愛と命が次々と犠牲になっていく。
ミヌは、ただ愛するものを守りたい一心で戦いを
挑んでいくのだが…。


当時としては、僕は小学生の低学年。
韓国が軍事政権で、全斗煥(チョン・ドファン)が
大統領であることを子供ながら覚えて
いた記憶があります。

「光州事件」を取り上げたこの映画。
内容は確かに重いのだが、ラブロマンスやコメディの
要素を取り入れているからか、「シルミド」のような
悲壮感が漂う映画にはなっていない。

c0033213_1145841.jpg


ただ、それが良いのか、悪いのか、見ている人に評価が
別れるのでは?
韓国版の竹中直人?らしき人が、コミカルな役なのだが、
見ていてちょっとやりすぎな感じもして、シリアスな映画に
したいのか?軽い感じなのか、どうも中途半端な気がして、
なかなか映画に入り込めない。

映画の冒頭でも「光州事件」の前置きがあるのですが、
このあたりももっと時間をかけて描写してほしかったですね。
背景がよく分からないと、どうも入りにくい。
軍隊からの虐殺から市民も立ち上がり、武器を取り交戦
していくのですが、このあたりの状況もどうも分かりにくい。

「シルミド」のようなどっしりとした感じかなと僕は
思っていたので、ちょっと「どうなんだろう?」と。
過去の歴史・事件にきちんと光をあてることは評価したい
のですが、映画としては、どうも中途半端になっている
感じが最後まで抜けませんでした。

キム・ジフン監督は
「埋もれていた事件の真実を国民に知らせ、自分の無知を
犠牲者の方々に懺悔(ざんげ)する映画を作りたかった」と
語っており、まだ若い監督なのに、このような言葉を語る
監督には頭が下がります。
[PR]
by fyamasan | 2008-06-17 01:15 | 韓国映画 | Comments(0)