Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

不眠症の男、「マシニスト」


c0033213_1231545.jpg
人間はどのくらい、眠らずにいられるのか?
公式記録では確か、14日と何時間ぐらいだったと思いますが。

でも、この映画の主人公、トレバーはすでに1年以上眠っていません。
そのため、体重も激やせで周りから「それ以上痩せたら死ぬぞ」と
言われ続けています。

物語は、トレバーが1年以上眠らずになってから、ある日の事、工場に
(彼は深夜、工場で働いています)見知らぬ、アイバンという男と出会います。
仲間の一人の代わりに来たといいます。
おかしな事に、誰に聞いてもアイバンなんて知らないといいます。
そして代わりとなった男もちゃんと働いています。

その時から、トレバーの周りで不可解な出来事が起こり始めます。
彼の不注意で、同僚が怪我をする、冷蔵庫に変なメモが張られている。
「誰かが俺を嵌めようとしている」、不眠症による幻覚か?
そしていつもそこにはアイバンの影が。

トレバーが眠れなくなったのは1年前。
ここに何か秘密があるようです。
再び、彼は眠ることが出来るのか?
そしてアイバンとは何者なのか?

この映画の凄い所は、ストーリーもさることながら、主人公トレバーを
演じた、C・ベイルのR・デ・ニーロばりの役者根性です。
30KGにおける減量をした体は物凄いです。必見であります。
撮影中も動いたりするのが大変で、かなりやばそうだった見たいですよ。
「バットマン・ビギンズ」で見事、バットマン役を射止めた、C・ベールの
体当たりの演技に注目です。
[PR]
Commented by washan at 2005-03-01 09:11 x
僕の場合、かなり太りすぎのところからの30kg減ですがC・ベイルさんは普通の体重からの30kgでしょうから、本当に命がけですねぇ~!役者が天職なんですねぇ!すばらしい!!
Commented by fyamasan at 2005-03-02 00:16
>washanさんへ

彼の激痩せぶりは物凄いです。
ぜひ、一度見てください。
僕は逆に太りたい。
by fyamasan | 2005-03-01 01:25 | 映画 | Comments(2)