Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

靖国~何を問うのか?

東京での上映中止が逆に宣伝効果となり、
多くの人が劇場へ足を運びました。
大阪では十三の「第七芸術劇場」だけでしたが、
ちょっと熱も冷めたと思い、見てきました。

色々な思いがこみ上げてきました


映画「靖国」

c0033213_1401599.jpg


あらすじ:
戦後60周年を迎えた2005年8月15日、軍服を着て参拝する
集団や合祀(ごうし)に反対する遺族たちなど、
靖国神社は狂乱の様相を呈していた。
一方、神社のご神体である日本刀「靖国刀」を作る刀匠にも
カメラを向ける。日本人が知っているようで実は
知らない靖国神社の現実と精神構造に、中国人監督
リー・インが切り込んでゆく。(シネマトゥデイ)


まず、ドキュメンタリー映画としては、この映画はどう
なんだろうと、考える。

映画は日本で唯一の靖国刀を作る刀匠・刈谷さんの
取材から始まるですが、これがどうもピンとこない。
監督の問いかけには、曖昧にうなずくだけの刈谷さん。
刀を作る過程は見ていて、興味深いが、この人に
どんな思想があり、靖国刀を作ってきたのかが、伝わって
こない。
そうこうしているうちに、8月15日の終戦記念日の
靖国神社の様子が描かれる。
本当に色々な人たちが出てくる。
靖国問題を「心の問題」として、うまくすり抜けようと
する小泉元首相や石原慎太郎都知事、靖国賛辞の人々の
様子を描いた後は、反靖国の人たちを映す。

そして、また刀匠の話に移り、戦争で刀が使われた
記録フィルムが出てくる。
で、また靖国へ戻りと、どういう構成なんだろうと、
僕は不思議で仕方ない。

c0033213_1405689.jpg


上映中止になり、映画「靖国」問題が起こった時、
刀匠の刈谷さんは最初の取材意図と全く映画は違うから
自分のシーンは削除してくれと、またきちんと完全版を
見せてくれとの、返答へも監督からは何も無いという。

見ようと思えば、反日、反靖国とも取れるが、
見ようによればそんなことを考えずに済むかもしれない。
なんとも不思議な映画。

僕の祖父は太平洋戦争で、南の島で亡くなったと聞かせ
られました。
だから祖父は靖国神社で祭られているわけです。
祖国の為に命を落とした、英霊といわれていますが、
僕はどうもしっくりこない。
8・15に軍服を着て、嬉々として靖国を闊歩する元軍人たちを
見ると、また「大東亜戦争は侵略戦争ではない」と、大声で叫ぶ
若き右翼主義者たちを見ると、まだまだこの国には「戦争の亡者」が
居るんだと、恐ろしくなります。

このあたりの考えは思想など色々ありますので深くは書きませんが、
映画として、どうも腑に落ちないドキュメンタリーでありました。

僕としては同じドキュメンタリーの「蟻の兵隊」の方が、
メッセージがストレートですんなり受け取れました。
[PR]
by fyamasan | 2008-07-05 01:41 | 映画 | Comments(0)