Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

イースタン・プロミス~その意味とは?

前作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を
見た時も感じましたが、すべて手の内を見せるのでは
なく、やんわりと何かを感じさせてくれる演出。
それが男の世界を描くから、しびれますね。

デヴィッド・クローネンバーグ監督
ヴィゴ・モーテンセン主演

映画「イースタン・プロミス」

c0033213_235574.jpg


あらすじ・

ロンドンの病院で産婦人科医をしているアンナ(ナオミ・ワッツ)
のもとに、ロシア人の少女が運び込まれる。
しかし、出産の直後に少女は命を落とし、日記と赤ん坊が残された。
そこに記された内容に危険を感じながらも、
赤ん坊の家族を見つけ出そうとするアンナ。
彼女はあるロシアン・レストランにたどり着き、
ロシアン・マフィアに雇われているミステリアスな
男ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)に出会う。
(シネマトゥデイ)

舞台はロンドンであります。
そして、登場人物はロシアン・マフィアであります。


オープニングから、凄い映像でびっくり。

新しい土地にやってきて、成功をつかむには、やはり
同じ国の出身者が集まるのが手っ取りはやい。
そして、ファミリーを愛し、組織を愛し、組織を家族を
守るためには非常な手段もとらないといけない。
まるで、現代版、ロシアン・マフィアの
「ゴッド・ファーザー」

利用するものは何でも利用し、用が無くなれば捨てる。
そんな非情さも描いています。

物語は、14歳のロシアから逃げてきた少女が
残した日記と子供がキーワード。
この日記には色々なことが書かれてあり、それが、、、。

c0033213_2462498.jpg


ニコライら裏社会にいるものたちと、アンナがいる
ごく普通の表社会の人間たち。
でも、この境目は非常に微妙な線であり、誰もが
ダークサイド(裏社会)に落ちる危険性もあるわけです。

この日記を通して、ニコライ、アンナは知り合って
いくのですが、話の展開も一癖も二癖もあるので、
なかなか楽しめますよ。
ネタばれになるから、詳しくは書けませんが、
ラストがまた良いですね。

切れる役をやらしたら、お前が一番やなあと云う感じの、
バンサン・カッセルはなかなかオイシイ役です

思わず目を背けたくなるシーンもあり、サウナ?で
繰り広げられる戦闘シーンは、リアリズムに徹した
映像が見られ、必見ですよ。

タトゥーに隠された意味も知ってください。


c0033213_2465698.jpg


ヴィゴ・モーテンセンが低い声で話すロシア語が
またカッコイイ

ちなみにイースタン・プロミスとは人身売買
の隠語であります
[PR]
by fyamasan | 2008-07-09 02:48 | 映画 | Comments(0)