Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

崖の上のポニョ~宗介くんが良いぞ

夏期講習が始まり、映画観へ行く時間が減りましたが、
何とか、レイトで見てきました。

レイトゆえに子供の姿はなし。
大人ばかりで見る宮崎駿作品も何か、
変な感じでしたが。

ポニョ、可愛かったなあ。
早速グッズを買っちゃいましたね

映画「崖の上のポニョ」

c0033213_536196.jpg


あらすじ:
5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で
暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には
何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が
広がっている。
仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた
宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことで
その寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで
結ばれていく。
(シネマトゥデイ)


冒頭5分ほどでしょうか、セリフのない海の不思議な世界に
浸ってしまう。
クラゲとか、深海魚とか、本当に不思議な生き物が綺麗に
描かれています。
綺麗な海だけど、海辺になると人間の捨てたゴミが見える。

でも、その海辺で、宗介はポニョと出会うのも不思議だ。

まずは宗介の心の透明さ、素直さにポニョと同じように
見ている者は、惹かれていくんでしょうね。

急に帰れなくなった船長をしている父と、それで機嫌が
悪くなった母との間に立ち、光で言葉を伝える役割を
してくれる、健気な男の子です

c0033213_5362956.jpg


母が働く老人ホームかな?「ひまわり」で暮らす老女性
の会話も楽しめます。
ちょっと頑固なトキさんが良いですね。

さりげない映像、ストーリーの中で、自然と人間の共生。
生命力の不思議さ、大事さなどシンプルだけど、大事な
メッセージ、いっぱい詰まっています。

最後にあの「ポーニョ、ポーニョ、ポーニョのさかなの子~」の
歌が流れますが、何か短い気がして、もう少し長く聞きたかった
ですね。

c0033213_5365297.jpg


「僕が守ってあげるよ」
5歳の宗介くんのこのセリフに泣かされます
あと、めちゃめちゃ礼儀正しいです。
[PR]
by fyamasan | 2008-07-28 05:36 | 邦画 | Comments(0)