Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

なかなか映画が見れない日々が続いていますが、
この映画だけは見逃したくなかったです
(ホントかよ?)

何とか最終日に間に合いました。

映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」

サミットはとっくに終わっちゃいましたが

また福田総理の辞任にもびっくりですが

c0033213_70561.jpg



あらすじ:
世界の首脳が集まるG8サミットの真っ最中、
中国の宇宙船が墜落、宇宙怪獣ギララが出現する。
サミットは急きょ「G8大怪獣ギララ対策本部」に変更され、
日本を先陣に各国がこぞってミサイル攻撃を仕掛ける。
スクープを狙う記者の隅田川(加藤夏希)らは、
湖畔の村に伝わる伝説のタケ魔人(ビートたけし)を
よみがえらせようとする。(シネマトゥデイ)


おバカなB級映画でありますが、愛すべきです。
時事ネタ、政治ネタもあり、意外な人物の登場もあり、
色々な意味で楽しませてくれましたね

加藤夏希の体を張った演技も良いですし、ビートたけしは
どこで出て来るんだろうと思ってましたが、タケ魔人とは
「おれたちひょうきん族」のタケちゃんマンを思い出しましたね
タケ魔人を呼び起こす「踊り」があるんですが、これがまた
傑作でした。
ぜひとも、この踊りをマスターしたいと、皆さん思いになるのでは?

c0033213_703173.jpg


ただ、水野晴郎さんの映像は痛々しかったです。
元気な時の朗らかな顔を知っているだけに、辛いです。

こういうおバカ映画が年に2,3本あると、邦画も
かなり活気があるなあと思いますので、ドンドン作って
欲しいですね。
人気TVドラマの映画化はもう少々うんざり気味です

おバカな映画、次は「赤んぼ少女」かな?

感想をお待ち下さいね

c0033213_754983.jpg


浅野温子の顔が怖い
[PR]
by fyamasan | 2008-09-02 07:06 | 邦画 | Comments(0)