シティ・オブ・メン~父はどこへ
「シティ・オブ・ゴッド」を見た時の衝撃は
忘れられない。

冒頭のファースト・シーンが、ラスト・シーンに
繋がり、色々な意味を持っていたのを。

まだ10代の、子供と呼べそうな男のたちが、
拳銃を手に、抗争を繰り広げていく。
なんとも無常なシーン。

ダンスパーティで大いにはしゃぐギャングたち。

手動で撮った、路地裏を這いずり回り、逃げ、
追いかけまわるシーン。

ブラジル・リオの現代の悲劇の話だが、
これがスピード感があって、不謹慎だが楽しめた。
めちゃめちゃエンターテイメントやん!

正確な続編ではありませんが、同じ血を引くような
シリーズ第2弾、
映画「シティ・オブ・メン」

c0033213_372699.jpg


あらすじ:
ファベーラで生まれ育ったアセロラ(ダグラス・シルヴァ)と
ラランジーニャ(ダルラン・キュンハ)は、幼いころから
一緒に育った大の親友同士。
しかし、ラランジーニャの長い間行方不明だった父親が
ファベーラに戻ってきたことから、父との生活を優先
したくなったラランジーニャと、彼に距離を置かれた
アセロラの関係が崩れ始める。
(シネマトゥデイ)


前作以上の衝撃は無し。
今作はより友情に光を当てている。

アセロラとラランジーニャの二人。
18歳になる二人には、共に父親はいない。

アセロラはすでに自身が父親となっているが、
父という存在が二人を近づけ、または遠ざけていく。

「シティ・オブ・ゴッド」は暴力と犯罪の連鎖を描き、
未来はないのか?と思わせるものでしたが、この映画では、
二人はギャングの抗争に巻き込まれはするが、常にギャングとは
一線を引いています。それがラストにもつながるのですが、
まだ先に、未来に希望が持てるんですよね。

c0033213_374858.jpg


「シティ・オブ・ゴッド」は現地に住む少年たちを
演技指導しながら撮ったというでけあって、かなりリアルな
映像が出てましたが、今回もそれは同じで、街の息遣いが
聞こえてきそうな感じでしたね。


息子にとって父親とはどんな存在なのか?
色々と考えされられる映画でしたね。

ただ、昼間とはいえ、映画館はほぼガラガラ状態。
もう少し見て欲しいですね。

DVDで「シティ・オブ・ゴッド」と
TVシリーズの「シティ・オブ・ゴッド」出ていますので、
またチェックしてくださいね

c0033213_38834.jpg

[PR]
by fyamasan | 2008-09-11 03:08 | 映画 | Comments(0)

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧