Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アクロス・ザ・ユニバース~マジカル・ミステリーツアー?

映画「タイタス」、「フリーダ」で
知られる、女性監督ジュリー・テイモアが
全編ビートルズのミュージカル映画を作りました。

ビートルズファンとしては、見逃すわけには行きませんね

映画「アクロス・ザ・ユニバース」

c0033213_3273216.jpg


あらすじ:
イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、
まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。
父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生
マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い、意気投合する。
さらに、ジュードはマックスの妹ルーシー
(エヴァン・レイチェル・ウッド)と知り合い、
恋に落ちるが……。
(シネマトゥデイ)


監督のジュリー・テイモアが「ビートルズの200曲以上の
中から、1960年代の雰囲気、映画のストーリーに合う曲を
33曲選んだ」というだけあって、なかなか面白い、セレクション。
どの曲で始まり、どの曲で終わるかは言いたいですが、
今日は言いますまい
映画館でぜひとも見て欲しい映画ですね。

ラブストーリーですが、ファンタジーも多く入り、
ビートルズ好きにはもちろん、60年代の音楽好きには、
たまらない映画となっていますよ。

c0033213_3275845.jpg


ジャニス・ジョプリンをモデルにした
セディや、ジミ・ヘンを感じさせるジョジョ。

なんたって、U2のボノも出てきますからね。
ボノと言えば、U2を追ったドキュメンタリー映画
「U2/魂の叫び」で、冒頭で、ビートルズの
「ヘルター・スケルター」を歌うんですが、
この「アクロス~」でも歌ってくれてます。

最初は、「ええ、ロビン・ウイリアムス?」と
思いましたが、声を聞いたらボノでした

「フリーダ」のサルマ・ハエックもちらっと出てきます。
相変わらずセクシーでした

登場人物も、ルーシー、ジュード、ジョジョ、プルーデンス
など、曲にちなんだ名前ですし、その他にもトリビア的な
色々なものが隠されていますから、ビートルズファンには
大いなる楽しみが待っていますよ。

c0033213_3282792.jpg


実際には、ビートルズは「アップル・レコード」なんですが、
この映画では、「ストロベリー・レコード」となっています。
それも、名曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
から来ているんですが、ここにもまた深い意味がありまして。

ひとつだけネタばれさせて欲しいのですが、映画「Let It Be」で
最後に、ビートルズがアップル・レコードがあるビルの屋上で
曲を歌うシーンがあるんですが、この映画でもありまして、
何曲か歌うんですが、その中で、ジュードが歌いだす
「愛こそはすべて~All you need is love」が最高によく、
一気に涙が出てきましたね。


いや~~~、ビートルズって素晴らしい
改めて、そう再認識しました。

上映終了近くになりましたので、急いで映画館まで


噂によると、ポール・マッカットニーのワールドツアーも
来年から始まるみたいですよ。

2002年のライブからはや6年。
もう一度、生のポールを、ビートルズを聴きたいですね
[PR]
Commented by saya at 2015-01-14 02:22 x
すみません、ストロベリーレコードに隠された深い意味を教えて頂けないでしょうか? 大学の映画論のレポートでこの映画を分析しようと思っていまして... どうぞ、よろしくお願い致します。
Commented by fyamasan at 2015-02-05 04:42
sayaさん、コメント遅くなりすいません。
もうレポートは書かれましたか?

かなり前に見た映画で、DVDも手持ちにないので、再確認出来ませんので、なかなか深い意味について、書けないのが現状です。すいません。sayaさん独自の「ストロベリー・レコード」についてのレポートを期待しています。
by fyamasan | 2008-09-17 03:31 | 映画 | Comments(2)