「ほっ」と。キャンペーン

我が教え子、ヒトラー~ブラックコメディも良いぞ

戦後60年を過ぎたあたりから、歴史に隠されてきた
第2次世界大戦の話がどんどん映画になってきました。
特に、ヒトラーを中心にナチスドイツに関するものが
多いですね。

この映画もそのひとつ。
ヒトラーにモチベーションを上げさせ、世紀の
演説に向わせる、教師役を天敵、ユダヤ人に変更して
挑んだ歴史物。

映画「我が教え子、ヒトラー」

c0033213_342826.jpg


あらすじ・

1944年12月25日、ナチス・ドイツは連合軍との戦いに敗れ、
完全な劣勢に陥っていた。
国家存亡の危機にナチスきってのアイデアマンである
宣伝大臣ゲッベルスは、100万人の市民を前にしたヒトラーの
雄雄しい演説を撮影しプロパガンダ映画に仕立て国民の戦意も
高揚させようと企てる。
しかし、肝心の総統ヒトラーは心身を病んで自信喪失し、
とても民衆の面前に出ることなど出来ない有様だった。
そこでゲッベルスが白羽の矢を立てたのは、
世界的ユダヤ人俳優アドルフ・グリュンバウム教授だった。
わずか5日間でヒトラーの演説を再生させるための教師として、強制収容所から総統官邸へと移送され、収容所に残された自分の家族と
一緒に暮らせることを条件にこの任務を引き受けることにする。
演説を指導するうち、苦悩するグリュンバウム教授。
愛する家族を救い出し生き残るべきか、
同胞ユダヤ人のためにヒトラーを殺すべきか――。
(INTROより)


自分も含めた家族の為に生きるべきか、
それとも死んでも、信念を貫くべきか。

映画「ヒトラーの贋札」では、その狭間で揺れ動く
ユダヤ人技師たちの心の葛藤に締め付けられたが、
この「我が教え子~」はなんとも言いがたい、
ブラックコメディに仕上がっているのが、興味深い。

ヒトラーの演説指南役に抜擢されたユダヤ人俳優。
目の前に、自分たちの民族を虐殺した張本人がいる。
しかも欝で精神的にも参っている。
殺そうと思えば、すぐにでも出来る。
しかし、実行に移せば、家族の命はない。

c0033213_345131.jpg


嫌悪感を抱きながらもヒトラーに接するうちに、
意外なヒトラーの人間性が見えてくる。
父親からの虐待が未だにトラウマだったり、
劣勢からの怯えからか、ED状態だったり、威風堂々とした
あの殺人者のヒトラーはどこにもいない。

映画では、ゲッベルスが、「ユダヤ人なら総裁は反発が出てくる
から、その反発心を利用して、総裁にもう一度、モチベーションを
あげてもらいたい」、そのためのユダヤ人の起用だった。

c0033213_352034.jpg


ピーーーんと張り詰めた緊張感をほりほぐす、
所々にゆったりとした笑いがある。
しかもブラック。

不思議な感情を持たせながら、映画はクライマックスまで
観客を連れて行く。

実際にヒトラーの指南役をユダヤ人に変更、
そして、時代を1944年の12月に。
この映画自体がブラックユーモアな感じがするが、
「ヒトラー~最後の12日間」
「ヒトラーの贋札」のような、緊迫した歴史物も
いいが、思わず笑ってしまう、歴史物もどうでしょうか?

アドルフ・グリュンバウム教授を演じた、
ウルリッヒ・ミューエはもうすでに亡くなっており、
「善き人のためのソナタ」に続いての日本公開作と
なっています。
[PR]
by fyamasan | 2008-10-21 03:05 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧