Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

2010年 06月 30日 ( 1 )

映画は娯楽である。
と思っています。
ゆえに、重たい内容を、重たいままに映画にするのは
どうかと思います。
また、ドキュメントと映画の狭間で、エンターテイメント
とは何かを考えてしまいます。


ドキュメントではない、映画として、娯楽として、どうしても
伝えたい思いを伝えるにはどうしたらいいのだろうか?


この映画も重い内容。
エンターテイメントというより、家族愛に泣かされました。

今もこの物語が続いてるという事実が、なんとも悲しい現実です。

映画「クロッシング」

c0033213_318356.jpg


あらすじ・

中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で
暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、
命がけで中国へ渡る。
しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることが
できなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに
韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻は
とうとうかえらぬ人に。
一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、
あてのない旅に出るのだが…。


おそらく多くの脱北者からを取材することにより、
メディアでは報道されることのなり、北朝鮮の現実を
知り、やるせない怒りと悲しみが沸いて来て、涙が
止まらなかった。

貧しくも家族3人で暮らすヨンス一家。
ヨンスは有名なサッカー選手で、総書記からの勲章もあった。
ただ、日々の暮らしに精一杯で、蓄えがない。
妻の妊娠と病気が一家を路頭に迷わせることになる。

c0033213_3183667.jpg


悲しい現実。
だけど、背景に映る自然は、これ以上なく、美しい。
ジュニがヨンスを求めてさ迷う砂漠など、映画の背景が無ければ、
壮大な大自然を堪能出来たでしょうに。

脱北者たちを飯のタネにするブローカーの存在。
様々な過去や想いがあろうが、彼らも生きていかなければならない。

終戦後の日本を思わせるギラギラした飢えた子供たち。
彼らの現実は映画好きな金正日(キム・ジョンイル)に、
届くことはあるのだろうか?

c0033213_319185.jpg


ジュニとの再会を心待ちにして、息子のために買った
サッカーボールとシューズを何度も見直すヨンスの姿に
涙が止まりませんでした。
[PR]
by fyamasan | 2010-06-30 03:19 | 韓国映画 | Comments(0)