Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

2015年 04月 25日 ( 2 )

c0033213_065893.jpg



あらすじ・


金持ちたちが一堂に会したニューヨークのオークションで、鈴木次郎吉は
以前日本で焼失したといわれているゴッホの傑作「ひまわり」を落札する。
彼が3億ドルという大枚を支払ってその作品を手に入れたのは、
世界中に分散してしまったゴッホの7枚のひまわりをそろえ、日本で
展覧会を開くためだった。
江戸川コナンたちもその大ニュースに注目していたが……。






楽しみにしていましたが…(*^^*)

脚本に難ありか。

「相棒」でも、クレジットされてる櫻井武晴さんだったから、期待してましたが。


犯人の動機が、雑だし、それだけって?

謎解きの面白さが、今回は全く感じられなかったですね…( ・∇・)

ゴッホのひまわりに絡めた良いエピソードをもっと深く掘り下げて欲しかった。

アクションは満載で、スクリーンで見るには、迫力あって良かったですが、
さらにストーリーが、良ければ。

今回はキッド主演の映画のようでしたね!!

次回に期待しよう♪
[PR]
by fyamasan | 2015-04-25 00:08 | 邦画 | Comments(0)
c0033213_04181.jpg


あらすじ・

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意する
ニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として
名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。
ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼に
おののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。
だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく



予告編から期待してしたが、めちゃめちゃ面白い。

鬼軍曹にしごかれる新人兵のように、名門音楽大学の有名な教授から、
鬼のしごきを受けるアンドリュー。

血豆が出来ようが、血が流れようが、ドラムを叩かせる鬼の教授。


未来のチャーリー・パーカーを育てたいと、生徒に罵詈雑言を浴びせて、
去るものは、弱い人間。
俺の教えを守ったものだけが、一流になれると、信じている教授。

このような教育は、間違っています。

間違った教育では人材は育たないし、甘えや優しさだけでも、人は育たない。

教えるということは、非常に難しい。



教育映画と考えて見ても良いですし、究極の師弟愛?対決と
見ても良いと思います。

色々と書きましたが、まあ、めちゃめちゃ面白い映画なんで、
見なきゃ損ですね…(^○^)

音楽も全編jazzが流れ、ラスト9分の二人のやり取りは、
音楽という名のプライドを掛けた殴りあい。


上半期、一位にしたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2015-04-25 00:04 | 映画 | Comments(0)