「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:B級の館( 17 )

地球防衛未亡人…私、イキます!?

c0033213_14594467.jpg


あらすじ・


謎の隕石(いんせき)から現れた宇宙怪獣ベムラスが、日本に上陸。
原子力発電所に居座って、使用済み核燃料を食べ始める。
地球防衛軍JAPのエースパイロットであるダン(壇蜜)は、入籍したばかりの夫を
ベムラスによって殺害されてたというつらい過去を抱えており、そのリベンジを
果たそうとしていた。
だが、なぜかベムラスに攻撃を加えるたびに全身に妖しい快楽が走るようになってしまう。
そんな中、ベムラスに恐ろしい異変が生じ、日本はおろか、
地球にまでも壊滅の危機が迫る。



なんと、おバカな映画なんだろうと思いつつも、時おり見せる壇蜜のサービスショットに
ついつい目がいってしまいますね。

クスクスと笑える映画ですが、女性はどう思うのでしょうか?

男性限定な映画のようにも思えます。

壇蜜ファンはぜひとも!


気になる予告編はこちらから↓


映画『地球防衛未亡人』予告編: http://youtu.be/onuF5IqD1qs
[PR]
by fyamasan | 2014-04-03 14:53 | B級の館 | Comments(0)

ロンドンゾンビ紀行~女王陛下へ捧ぐ?

本当は違う映画見ようと思ってましたが、時間都合良いし、この手の映画は
ハズレが多いけど、たまにヒットもあるから、侮れないなあと思い映画館へ。


昼間でも10人ほどの観客。

皆、何を期待していたのだろうか?


映画「ロンドンゾンビ紀行」

c0033213_4275263.jpg


あらすじ・

不況のあおりを受けて、祖父のレイ(アラン・フォード)が入居する
老人ホーム「ボウ・ベル」が閉鎖されるのを知ったテリー
(ラスムス・ハーディカー)とアンディ
(ハリー・トレッダウェイ)の兄弟。
ホームと祖父たちを救う資金を稼ごうと銀行強盗をもくろむが、
なぜかゾンビが大量に出現してロンドンは大パニックに。
祖父の身を心配するテリーたちだが、その予感は的中。
ボウ・ベルにもおびただしい数のゾンビが押し寄せており、
レイやほかの入居者たちが壮絶なサバイバルを繰り広げようとしていた。


去年見た、「カジノゾンビ」よりは遥かに良かったです。
大笑いはなくも、クスクス笑いで、楽しませてもらいましたね。


おバカな主役の兄弟がだんだんと頼もしくなってくるし、
兄弟のおじいちゃん(Don't call me granpa!」)と言ってましたが、
このおじいちゃん、カッコ良かったですね。

終始ぶれていません。

c0033213_4282365.jpg



従姉妹もサラ・コナーばりに銃をかっこよくぶっ放します!


銀行強盗をして、逃げようと出たら、警官隊が絶滅していた。
それが、ゾンビの仕業と知り、必死に逃げる。

老人ホームのことが気になり、駆けつけるも周囲はゾンビに包囲
されている。

さあ、どう助ける?
助けられるか?


c0033213_4284999.jpg


イギリスが舞台とあって、サッカーファン同士が、ゾンビとなっても
やはり対立、喧嘩していたり、2階建てのバスに乗って、逃走したりと、
いろいろと面白いネタをいれています。

老人ホームにいる、老人たちがいかにゾンビと戦うのかが、
この映画の一番の面白さでしょうか?


ゾンビのエキストラの数も多かったし,制作費はいくらかかって
いるんだろうと?裏側が気になりました。
[PR]
by fyamasan | 2013-01-19 04:29 | B級の館 | Comments(2)

ホーボー・ウィズ・ショットガン~R・ハウアーは死なず!

DVDの発売が4月20日となっていますので、もう少々です、
まあ、B級映画、OR タランティーノ&ロドリゲス映画が好きな
方には、お勧めですが、エロ&グロ満載なんです。

ゆえに、、一般的にはあまり、受け入れられないかなあ思います。

アクション映画ファンには伝説的なルドガー・ハウアーが出ているので、
それを見るだけでも、価値ありかも?


映画「ホーボー・ウィズ・ショットガン」

c0033213_3142927.jpg


あらすじ・

列車に無賃乗車して、街から街へとさすらう初老のホーボーがひとり。
仕事を求めて新たな街ホープタウンに降り立った彼を待っていたのは、
犯罪組織のボス、ドレイクが牛耳る暴力と混沌に支配された世界だった。
彼は立ち寄った店で、買い物をする親子を襲う強盗たちを、
反射的に射殺。それをきっかけに悪に立ち向かう決意を固める。
ドラッグの売人、ポン引き、児童性愛者など、ホーボーは街のダニ共を
血祭りに上げていく。これで街の犯罪は一掃されるかと思われたが…。
悪徳のホープタウンに血の雨が降る!


まあ、ストーリーはあってないようなもの。
勧善懲悪とまでは言いませんが、悪い奴はめちゃめちゃ、ひどい悪
ですね。

そこに正義のヒーロー登場となるのですが、このルドガー・ハウアー
演じる主人公は、ホームレスで、年寄りで、最初は危険なことから、
遠ざかってました。

ですが、ひとりの売春婦と出会うことで、正義の心が目覚め始め、
マシンガンを片手に、悪をぶっ殺すという展開になります。

かなり残酷なシーンも満載。
オープニングから、いきなりですので、要注意。

c0033213_3144713.jpg


ながら、ちょっとしたラブロマンスも入れたりと、メリハリ
効いていますね。

処刑ライダーや、北斗の拳に出てきそうな、鉄火面の殺し屋も
出てきたりと、B級映画の「『グラインドハウス』直系の
バイオレンス・アクションの王道でしょうか!


もともとは、タランティーノとロドリゲスの「グラインドハウス」
シリーズのフェイク予告編コンテストでグランプリを勝ち取ったことから、
映画化が始まりました。

最初が、「マチューテ」です。

c0033213_31919100.jpg


まあ、タランティーノとロドリゲスというブランドで、世界配給が
出来るんですから、このブランド名はやはりすごいですね。

Tシャツも売っております。


c0033213_315102.jpg

[PR]
by fyamasan | 2012-03-17 03:19 | B級の館 | Comments(0)

宇宙人ポール~これは見逃せない!

早くも今年は映画を見たんですが、去年のラスト、30日に見て、
日記書けなかったので、仕切りなおしですが、書きます。
まあ、どうでも良い映画ならスルーしちゃうんですが、これは
ぜひとも、見てもらいたいと思っています。


B級映画の心意気、ここにあり!

「Supper 8」、何するものぞ!



映画「宇宙人ポール」


c0033213_154794.gif


1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。
そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターの
グレアムは、アメリカ・サンディエゴで開催される、世界中のマニアが
集うコミコンに参加。その後2人は長年の夢だったアメリカの
UFOスポット巡りに出発する。“エリア51”付近を車で走行中、
ひょんなことから宇宙人と遭遇し、成り行きで車に乗せる事に。
ポールと名乗るこの宇宙人は、囚われていた政府の施設から
逃げ出したと言う。一方、そんな彼らを追う一台の車があった……。


年末の寒い時期、僕のこころを温かくしてくれました。
映画っていいなあと、改めて思いました。

まあ、ありえない話ですが、それでも、どんどん引き込まれていき
ましたね。

主人公のクライブとグレアムが良い奴なんですよね。
宿泊先のホテルで間違って、Wベッドを用意され、ゲイに
間違われたくだりは、かなり笑いましたが。

c0033213_16172.jpg


SFオタクの二人組みに、ミステリーツアーの際に、本物の宇宙人
(ポール)に会ってしまい、そのドタバタコメディなんですが、
宇宙人と地球人のロードムービーでもあります。

ゆくゆく先で、騒動を起こして、人を巻き込んでいく。
キリスト教原理主義の父と娘との絡みも面白かったですし、
この娘さんが加わることで、話が広がりましたね。

進化論を否定する彼女が着ているTシャツ

「Evolve this」(進化してみろ、こいつ!)は最高でした!

さまざまなSF映画のオマージュへとなっています、この「宇宙人ポール」
ラスト近くには、事件の黒幕となる、ある大物俳優も出てきますよ。
お楽しみに!


c0033213_165728.jpg


僕的には、クライブ、グレアムとポールの友情ものにちょいっと涙が
出てきそうで。

映画「スターウォーズ」オタクを描いた、こちらもB級の
「ファン・ボーイズ」を思い出しましたね。

「ファン・ボーイズ」もラストは泣かされました。


c0033213_110719.jpg


「supper 8」には泣きませんでしたが、この「宇宙人ポール」には
グぐっときましたね。

エンドロールが始まっても、誰も席を立たなかったなあ。
なんか自分が良かった映画が、一緒に見ていたお客さんも同じ気持ちだと
嬉しいもんですね。

主演のサイモン・ペッグ、ニック・フロストは脚本も手がけていますが、
かなりのSF映画を見たとのことでした。

いくつの映画のシーンを思い出すことが出来るでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2012-01-07 01:10 | B級の館 | Comments(0)

モンスターズ・地球外生命体~ラブストーリー?

去年、見た「第9地区」のような、「おお、やるね!」というような
新鮮な驚きがありました。

僕もじつはゾンビ映画を撮りたいと考えています。
でも、普通のゾンビではなく、愛を語るゾンビ映画にしたいと
思います。


タイトルだけみると、SF映画、エイリアンモノかな?と思いますが、
意外や意外、ラブストーリーものでした。

c0033213_4243043.jpg


映画「モンスターズ・地球外生命体」

あらすじ・
太陽系に地球外生命体の存在を確認したNASAは、探査機を使いサンプルを採取する。
しかし、大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。
その直後から、地球外生命体が増殖をし始め、メキシコの半分が隔離される事態に。
それから6年後、“モンスター”たちにより多大な被害を受けているメキシコで
スクープを狙うカメラマンのコールダーは、怪我をした社長令嬢のサマンサを
アメリカ国境まで送り届ける役目を与えられる。

噂を聞きつけて見てきました。

制作費、130万円なり。

監督のギャレス・エドワーズはこの映画の成功を受けて、次回のハリウッド版の
「ゴジラ」の監督に抜擢されたという。

130万円で、これ撮れるとは凄いなあ。

自主映画している者にとっては勇気もらえる話ですね。


断然お金かけている映画とは、そりゃ比べられませんが、低予算ながらの
アイデア、意地が感じられる。

危険地域を抜けていく、男女のロードムービーですが、最初はなんの恋愛感情
ないのが、だんだんと一緒に行動することにより、っていう話になりますが。


ギャレス・エドワーズ監督、次は「ゴジラ」とハードル高いですが、
独自の映画作り、楽しみにしています!

いつか、会えて一緒に仕事出来ることを、僕の夢リストに加えておこう!
[PR]
by fyamasan | 2011-08-08 04:25 | B級の館 | Comments(2)

ファン・ボーイズ~フォースありますよ!

あんまりDVDは見ないのですが、今年はちょこちょこと
見ていこうと思います。

ので、映画日記のように、DVDも記録していきます。

まあ、半額や100円で借りれますからね。


こちらの映画は東京ではレイトショーのみでしたが、
劇場公開されましたが、大阪ではDVDのみになりました。

DVDを見終わるとスクリーンで見たかったなあと、
思いましたが、なんとかDVDで見れて良かったです。

映画「ファン・ボーイズ」

c0033213_253296.jpg


あらすじ・

世界中の『スター・ウォーズ』ファン達が、待望の新作
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の
公開を待ちわびていた1998年。
高校時代からの仲間である『スター・ウォーズ』オタクの
エリック(サム・ハンティントン)たちは、「死ぬ前に
『エピソード1』を見たい」と願う末期ガンで余命わずかの
ライナス(クリス・マークエット)の願いを叶えるため、
ジョージ・ルーカスの本拠地であるスカイウォーカーランチに
侵入し『エピソード1』のフィルムを盗みだし、
世界で最初に見たファンとなり歴史に名を刻もうと、車で
アメリカ横断の旅に出る。

しかし、彼らの行く手には、対立するトレッキー軍団、
そしてカーク船長こと、あのウィリアム・シャトナーとの遭遇など
様々な困難が待ち受けていた・・・。
果たして彼らはいくつもの試練を乗り越え、『エピソード1』を
見ることができるのか!?


「スターウォーズ」を愛する人に捧げたオマージュ映画。
「スタートレック」ファンのトレッキーとの戦いもあるも、
全編B級映画のノリで、下品です。
が、笑わせて笑わせて、友情の話なんかもいれる憎い演出に、
最後は涙出たじゃないですか?

僕は「スターウォーズ」、「スタートレック」よりも
「猿の惑星」に思い入れがあるので、この映画の主人公たちの
ように、思いっきり、人生をかけて「スターウォーズ」は
追いかけてはいません。

でも、僕がグッと来るんだから、「スターウォーズ」が
好きな人なら、尚更グッと来るでしょうね。

本気度が違う。
そして、スカイウォーカーランチやルーカス通りとか
あるのが、アメリカらしいですね。

まさにファンにとっては聖地になるわけですね。


エピソードは7,8,9と残っていますが、もう作られないのが
残念ですね。
「スターウォーズ」の3Dの話は楽しみですが、出来るなら
ルーカス在命中に残りのエピソード、作ってよ~と、思うのですが。

これだけのファンが世界中にいるわけですからね。
[PR]
by fyamasan | 2011-03-27 02:59 | B級の館 | Comments(0)

デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~

相棒とは「ピンチの時に救ってくれる奴」と
映画の中で、ピーターが語っていましたが。

はた迷惑な同乗者から、文字通りの相棒になったのだろうか?

B級、下ネタ路線全開でしたが、意外と女性が一人で見に来てましたね。


映画「デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~」

c0033213_0464367.jpg


あらすじ・

待望の初ベビー誕生を5日後に控えたピーター
(ロバート・ダウニーJr.)は、仕事先のアトランタから
妻が待つLAの自宅へと急ぐために飛行機に乗り込んだ。
ところが、ミョーな男のせいでテロリストと疑われ、搭乗拒否に! 
サイフも身分証も空の上、どうすりゃいいんだとキレる寸前の
ピーターの前に、例の男が車で現れ大陸横断を持ちかける。
彼の名前はイーサン(ザック・ガリフィアナキス)。
俳優志望でエージェントに会うためにハリウッドへ行くところ。
しかし、フレンチブルドッグが友達で父親の遺灰をコーヒー缶に
入れて持ち歩くこの男、じつは地球上のあらゆるトラブルを
奇跡のごとく引き寄せる最凶マイナスオーラ男だったのだ! 
果たして愛する妻の出産に間に合うのか? 
いやいや、そもそもピーターは、3,200kmの道のりを生きて
無事に帰れるのか──!?
史上最悪のアメリカ大陸横断が、今始まる!!


いや~これもやられましたね。
前作の「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の
二番煎じかと、あまり期待はしておりませんでした。

しかし、期待以上のものがありましたね。
人数を二人にして、バディ(相棒)物にしたのが正解でしたね。

そんなアホな?と思うぐらいに、不運が重なるピーター。
その横には、いつもイーサンがいた。

c0033213_0473214.jpg


離れたいけど、離れられない状況。
嫌で仕方なかった同乗者が、しだいに離れたくないと
思えてきてしまうから、旅というのは、不思議なもの。

チラリと男の友情も見せてくれるから、何か嬉しくなりましたね。

おバカでB級で、下ネタ路線で進んでいきますが、大笑いも
しましたね。
近くにいた女性も結構笑っていたので、女友達とは見にくい映画
ではあるかもしれないですね。
それゆえ、一人の女性が多かったのか?


「ハングオーバー2」があるということなので、これは
期待するしか、ないでしょうかね?

c0033213_0475983.jpg

[PR]
by fyamasan | 2011-02-18 00:48 | B級の館 | Comments(0)

「キックアス」~これぞ、等身大のヒーローなり

じわり、じわりと上映館数を増やしているマニアックな映画。
やがてシネコンにも登場か?

PTAや教育ママなら、「絶対に見てはいけない」というはず。

映画雑誌「映画秘宝」が去年のベスト1に選んだだけあって、
なかなかの興味深い映画であります。


誰ものがヒーローになれるのか?


映画「キックアス」

c0033213_3454323.jpg


あらすじ:
コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ
(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで
買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。
何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、
捨て身の活動がネット上に動画で流され、
“キック・アス”の名で一躍有名になってしまう。


「ノーウェア・ボーイ」で、ジョン・レノンを演じていた
アーロン・ジョンソンが、オタクでなんともさえないヒーロー
願望の高校生を演じています。

かなりイタイ役柄ですが、笑えますね。

c0033213_3462238.jpg


これまでのヒーローものとは一線を引くような、特殊な
能力が無いのが、また良い。
無我夢中で助けに入ったところを動画で撮られて、それが
ネットに公開され、瞬く間に旬のヒーローになるところが、
現代的ですね。


そして、注目なのが、11歳のまだ幼い、可愛い女の子が
「キル・ビル」のゴーゴーばりに悪人を殺しまくります。

ヒットガール(クロエ・モレッツ)

父親がビッグ・ダディといって、街のギャングに妻と生活を
壊させられた元刑事(ニコラス・ケイジ)。

この手の映画にも、ニコラス・ケイジ出るんやなあと。
これが、またはまっているから、面白い!
一見気弱そうに見えて、内面に狂気じみたものを垣間見せる、
ちょいと危ない役をやらせたらピカイチですが。

そういや、この人、アメコミ好きだったなあ。

c0033213_347654.jpg


最新の拳銃、バズーカやナイフ類、さらには、空飛ぶ武器まで
出てくるし、ガンマニアも唸らせるのでは?

オタク高校生の恋愛エピソードも入れつつ、物語はおおいに
盛り上がっていきます。

キックアス、ヒットガール、ビッグ・ダディたちは、
ヒーローとして、悪党をやっつけることが出来たのか?

結構エグイシーンや残酷描写もあるので、ご用心を。

軽めのB級映画かと思いきや、意外と掘り下げてました。

「バットマン」のジョーカーもどきのライバル役も
出てきますし、続編が期待できますね!

完全なB級映画ですが、ブラッド・ピットが製作にも
顔を出しているぐらいなので、普通の邦画の制作費よりも
使っているんだろうな。

DVDで見るだけではもったいない。
劇場のスクリーンでどうぞ!
[PR]
by fyamasan | 2011-01-31 03:47 | B級の館 | Comments(0)

ワイルド・バレット~B級映画の傑作誕生?

タランティーノが絶賛した?
B級映画の匂いプンプンですが、予想以上に
楽しめました。

「ワイルド・スピード」シリーズの
ポール・ウォーカー主演

映画「ワイルド・バレット」

c0033213_12302761.jpg


あらすじ・
イタリアン・マフィアに所属するジョーイ(P・ウォーカー)は
警官殺しに使用された銃の後始末を頼まれ、
自宅の地下室に隠した。
しかし隣家に住む息子ニッキーの友人オレグがその銃を盗み、
虐待を続ける父親ユゴルスキーを撃ってしまう。
ユゴルスキーは急速に勢力を伸ばすロシアン・マフィアの
ボスの親戚で、銃の出所が知られたら大変なことになる。
ジョーイは銃を持ったまま姿を消したオレグの追跡を
開始するが……。


1丁の拳銃とそれを持った少年を追う物語。
シンプルだが、それゆえ面白い。
話や人物がどんどん膨らんできて、「ちょっと広げすぎ?」と
思いつつも、それが上手い具合にきちんとラストへ
向けてつながっていくんですね。

上手いなあ。
ラストのドンでん返しも憎い演出だ。
なるほどね~、そうくるか。

ストップモーションやフラッシュバックを使いながら、
どんどん引き込ませる。
スタイリッシュな映像はカッコイイ。
タランティーノが褒めるはずだ

c0033213_12312120.jpg


高給取りのポン引き
変質的な殺人夫婦
映画「グロリア」を思い出させる娼婦など
色々意味深なキャラも出てきますよ

大阪では、B級映画の聖地、天六映画館でしか
しておりませんが、機会があればぜひとも、
この疾走感を体験してください!


監督、脚本のウェイン・クラマーにはこれからも
注目だ~
[PR]
by fyamasan | 2008-11-18 12:31 | B級の館 | Comments(0)

P2~このB級映画は見るべし

公開遅れの映画館のイメージが強い天六映画館ですが、
何を根拠に上映するのか、わかりませんが、B級映画も
よく上映します。

少し前に紹介した「The feast~ザ・フィースト」も
なかなかのB級映画でしたが、今日、紹介する映画
「P2]もなかなか見ごたえありましたぞ

P2とは、「地下駐車場の2Fのこと」ですよ。

映画「P2]

c0033213_4285960.jpg


あらすじ・

クリスマス・イブの日。
高層ビルのオフィスでたったひとり残業していた
アンジェラ(レイチェル・ニコルズ)は、
ようやく仕事を片付け、車で家族が
待つディナーに向うため、地下駐車場に降り立つ。
しかしなぜか車のエンジンがかからない。
その時何者かが彼女に近づき、背後から麻酔薬を嗅がせた…。
意識を取り戻した彼女は、手錠、足枷をはめられ、
警備員室の中で監禁されていることを知った…。
携帯電話も圏外、誰にも叫び声が届かない深夜の密室で、
恐怖のドラマが今、幕を開ける。


これは怖い。
リアルに怖いです。
実際にありそうですもん。
女性はこの映画見たら、かなり怖いと思いますよ。

警備員のトム(ウェス・ベントリー)がアンジェラへ
変質的なストーカー行為をしていくんですが、
これが本人に自覚がないから余計に怖い。
本人はただ、自分の存在を知ってほしい。
話がしたい、彼女にセクハラした上司を許せない。

彼にとっては純粋な愛なんですが、常軌を逸脱しているので、
アンジェラにとっては恐怖そのもも。

c0033213_4294841.jpg


アンジェラを演じたレイチェル・ニコルズには拍手。
寒い中、かなり薄着で、地下の駐車場をはいずりまわり、
水は浴びせられるは、電気ショックはあるは、犬と格闘し
返り血も浴びるし、爪もはがれて、ボロボロになりながらも、
懸命に助けを求め、ストーカー男と向き合っていく。
薄着から見え隠れする、巨乳がまた凄くセクシーなんですね

過去には「悪魔の棲む家」やホラー映画によく出ていたみたい
です。今、上映中の「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー」にも
出ているみたいなので、チェックしてみます。

話の展開としては、ごくありがちなパターンですが、
最後までハラハラドキドキでしたね。

DVDが出たときは、ぜひとも、見て頂きたいB級映画であります。
携帯電話、懐中電灯代わりにもなりますよね
携帯電話の使われ方にもチェック~~です!
[PR]
by fyamasan | 2008-05-29 04:36 | B級の館 | Comments(1)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧