Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

カテゴリ:スポーツ( 50 )

週末から東京へ、ようやく待ち望んだ格闘技の聖地、
後楽園ホールへ足を踏み入れました。

[全日本キック]
2006年8月27日(日) 東京・後楽園ホール  観衆:1,620人(満員)
"S.W.S. ~Super Welter Struggle~

詳細はこちらを

全日本キック・BoutREview

c0033213_2154758.jpg


後楽園ホール。
想像していたよりも、奥行きがある感じでした。
会場に入った時は、すでにオープニングファイトが始まる
所でしたので、急いで自分の席を探しました。
一番前なので、「お、ここか」と座るとめちゃめちゃ近くて感激。

選手の汗や血も飛んできましたし、選手が落ちてきそうな感じもするほと、
リングを近くに感じました。

「SRS」という格闘技番組があるのですが、その取材で司会の
浅草キッドや西山 茉希 (ニシヤマ マキ)ちゃんも来場し、
僕のすぐ前で、TVクルーが来ていました。
浅草キッドはTVで見るそのままで、西山 茉希ちゃんは、やはり
可愛いの一言ですね。
CanCam専属モデルというのもうなずける。

c0033213_2225976.jpg
c0033213_2232154.jpg







そして、サプライズとし、K-1プロデューサーの谷川さんまで来ていました。
写真は挨拶をしているところ。

c0033213_2245751.jpg


試合も面白かったですが、セコンドやリングサイドにいる人にも注目。
試合のレフリー兼審判をする人にも、プライドやK-1などでも活躍する
豊永稔や和田良覚(和田さんの腕、めちゃめいちゃ太かった)。
リングサイドにはキックの鬼の藤原敏男さん、藤原道場出身者の試合の
セコンドには、小林聡など、格闘ファンにはたまらない人たちがいて、
マニア心をくすぐられました。

c0033213_22125052.jpg
難を言えば、すぐ前にカメラマンが
いるので、立ち上がって撮ってると
かなり邪魔になりましたが。
まあ、こういう機会もあまり無いから、
こんな感じで写真を撮っているんだと。

東京に住んでいたら、しょっちゅう見にくるんだけどなあ、
また、ここ後楽園ホールで試合を見にこようと
固く誓ったやまさんでした。


関東方面の人は、9月8日にフジTV系で深夜「SRS」という番組が
あるので、チェックしてみてください。
(関西では、いつなのかは分かりません)
あと、ケーブルのGAORAをご覧の方は「全日本キックボクシング」を
これから注目してください。
[PR]
by fyamasan | 2006-08-29 22:19 | スポーツ | Comments(2)
いよいよ今日、「Hero's」のミドル級とライトヘビー級の
トーナメントが始まります。
TV中継は19時からで~す。


c0033213_491683.jpg


注目はプライドから移籍した桜庭 和志がどのようなファイトを見せるか
ですね。

ファンタジスタの名の通り、今までサプライズな行動でファンを大いに
楽しませてくれた桜庭。
舞台が変わってもファンのハートをつかむ熱い試合を期待してます。

正直、プライドと比べると選手層の薄さが目立ちますが、
秋山成勲(反骨の柔道王)と桜庭の試合などは、ぜひとも
実現して欲しいカードですね。

どんな格好で入場してくるのか、そこにまずは注目&期待です。

頑張れ~、SAKU!

c0033213_4145196.jpg

[PR]
by fyamasan | 2006-08-05 04:15 | スポーツ | Comments(0)
30日、暑い日でしたが、2ヶ月ぶりの甲子園へ行ってきました。
後半戦、中日にまさかの3連敗の後の、1勝1敗で迎えたヤクルト戦。
この試合後、阪神は長期ロードに出るので、甲子園での試合も
しばらく見れないし、夏休みとあって超満員でした。

c0033213_256769.jpg


試合は阪神が先発が安藤、ヤクルトが石川。
共に取ったり取られたりのシーソーゲームの展開に。
ひやひやしながら、ヤクルトの攻撃を見ていて、
あと一本ヒットが出ないか~とため息の阪神の攻撃を見て
いました。
試合はあっという間に9回まで行き、「え~」と思いつつも
延長へ。

両チームともあと、1点が遠かったですね。
本当に。
ヤクルトは何人ピッチャー変えたんやろ?という感じ。

古田監督の「代打、おれ」が見れたのは嬉しかったです。

c0033213_33782.jpg


この試合は、10回から12回まで3イニング投げた藤川球児が
素晴らしかったです。
車に乗って出てくる所から、甲子園は物凄いテンションがあがります。
「球児コール」も凄いし、本当に今、阪神の旬の熱い男であります。

球児の熱投にも関わらず、1点が奪えず引き分けに終わった阪神。
中日が6連勝と(巨人弱すぎ)、ついにゲーム差が6になりました。
「あ~、正直きつい」かなと思いますが、阪神版メイクドラマを
ぜひ、お願いしたいです。
今岡の復帰にかかっていると思いますが。

まだまだペナントの灯は消して欲しくない。
頑張れ~、岡田阪神!
[PR]
by fyamasan | 2006-07-31 03:02 | スポーツ | Comments(0)
約1ヶ月ぶりに甲子園に行ってきました。
久しぶりのライトスタンド。
平日なのに、ここはいつも満員だから凄いなあ。

交流戦でようやく楽天との試合。
楽勝ムードで観戦予定でしたが、先発井川が何とも
覇気のないピッチング。
先制もされ、同点に追いついてもまた逆転される。

楽天のピッチャーは阪神に因縁のある山村。
古巣相手に意地のピッチングで、7回までほぼ完璧に
抑えられる。

「ええ、まさか楽天に負けへんよね、やめてや~」
そんな心の声が阪神ファンに充満してしまい、
甲子園はちょいと嫌なムード。
c0033213_114625.jpg


そんな嫌な雰囲気を吹き飛ばしたのが、代打スペンサーの1発。
同点となり、いよいよ反撃のはじまり。
赤星、シーツと塁に出て、最後はこの人、
兄貴・金本が決めてくれました。
ライトスタンドに突き刺さる逆転3ラン。
やはりここぞ一番、頼れる兄貴だ~!

ライトスタンドは歓喜のお祭り騒ぎでした。
六甲おろしも気持ちよく歌えて、家に帰りました。

レフトスタンドにちょこっと楽天の応援団。
もう少し強くなればファンも増えるのにな。

楽天も打率1割台のカツノリがキャッチャーしているようでは、
あきまへん。

沖原、関川と元阪神勢の登場には暖かい拍手がありましたが。



そうそう、甲子園でも修学旅行生が来ていましたね。
ドリカムのライブといい、本当、最近の学校は頭柔らかいですね。

明日も勝って、天敵ソフトバンクにリベンジせんとね。
下柳頑張ってくれよ~!
[PR]
by fyamasan | 2006-05-31 01:25 | スポーツ | Comments(0)
5月5日のこどもの日。
関東では亀田兄弟が活躍。
関西では、PRIDE 無差別級GPの開幕戦がありました。
京セラ(大阪)ドームへ、PRIDE を見に行ってきました。

c0033213_3512887.jpg

僕の目玉は何と言っても、このGPで負けたら引退を表明していた
高阪剛(TK)の試合。
対戦はK-1の元王者のマーク・ハント。
打撃の王者だけに、何とか打撃をかいくぐって、タックルで
テイクダウンし、グランドで勝負して、勝機を見出して欲しかった
のですが、試合は予想外の展開に。

何とK-1王者相手に真っ向の打撃勝負。
フラフラになりながらも、パンチを打ち込む姿に
会場はわれんばかりの拍手。

あぶない場面にヒヤヒヤしながら見てましたが、2R終盤に
ハントのフックがあたり、高阪はダウン。
そして、ついにジ・エンド。

最後に「今まで有難うございました」とマイクでの発表があったので、
もう引退するんだろうなあと、現実になると寂しくなりました。
会場では、「まだ引退は早いぞ~」という声が多かったです。
リングスのデビュー当時から応援してましたし、「TK」Tシャツを着て
応援してたのですが、残念です。

c0033213_352127.jpg



こちらが我らが’TK’のブログです↓


高阪剛のきょうの魚


c0033213_2314817.jpg


試合はメインが、吉田×西島の異種格闘技の日本人対決。
ジャパニーズ・ビースト、藤田和之のプライド復帰。
ヘブン・美濃輪とミルコの対決など、見所満載でした。
当日はTV放送もあったので、見た方も多かったのでは。

客層はだいぶ、女性や子供連れが多く見られるようになりました。
プライドも随分市民権をえてきているんだなあと感じましたし、
ブラジル人や外国人のお客さんも多かったですね。

こちらがおみやげのせんべい↓
c0033213_233473.jpg


せんべい食べたい奴、出てこいや~!
[PR]
by fyamasan | 2006-05-06 02:44 | スポーツ | Comments(2)
4月30日の日曜日。
暖かい、いや暑いくらいの甲子園に行って来ました。
前回はオープン戦での巨人戦。
あの時は非常に寒かったですが、1ヶ月でこんなにも気候が
変わるもんだなあと、改めて痛感。

先発は、阪神は今年いい感じの江草。
ヤクルトは藤井。

江草は途中まで良かったんですが、球が高めに
きだしてから、打たれだしましたね。
先制点も取られましたし。
藤井は制球難かなというくらいでしたが、それが打者には
的を絞りにくくさせているのか、のらりくらりと点を与えません。
c0033213_2204638.jpg


1点を奪われた6回裏。
いよいよゲームが動きました。
シーツ、金本のヒットで2,3塁とすると、不振の今岡が犠牲フライで
まず、1点。
続いて浜ちゃんも犠牲フライで逆転となる2点目を。
結局これが決勝点になり、浜ちゃんはお立ち台にも上がってました。

四月は打率4割3分5厘、10本塁打とセ・リーグでは2冠。
これはおそらくセリーグの月間MVPを取るだろうと予想してますが、
どうなるかな?

最後は赤星のファインプレーもあり、中々ハラハラしましたね。
あれが抜けていたらと思うと、野球は何があるか分からないから
本当に怖いです。

c0033213_221828.jpg


次回はまだ未定ですが、交流戦かな?
そろそろ巨人の勢いも止まってきて欲しいですね。
[PR]
by fyamasan | 2006-05-01 02:09 | スポーツ
阪神の兄貴、金本選手が連続フルイニング出場の
世界記録に並びました。
今日で903試合となり、明日の試合でいよいよ前人未到の
904試合へ向かっていきます。
今年もこのまま行けば、1000試合を越えることになり、
どこまで兄貴の記録が伸びるのか、期待を持って応援したいです。
球場で応援したかったけど、チケット取れなかったので、TVの前で
応援しときます。

c0033213_1745336.jpg


今日も今岡の二本のHRに、浜ちゃんにもHRが出たし、安藤も
いいピッチングで、明日も勝って兄貴の記録にはなが添えられそうですね。

去年のJFKが、ウイリアムスが抜けて、もひとつ上手く機能
していませんが、中継ぎの充実が連覇の鍵なので、球児、久保田には
もっと頑張って貰わないと。
[PR]
by fyamasan | 2006-04-08 17:07 | スポーツ
3月12日、今年初めての甲子園行ってきました。
前日は暖かく絶好の甲子園日和でしたが、12日は
あいにくの小雨のなか、かなり寒い状況での観戦と
なりました。

先発は阪神はエースの井川。
巨人は新外国人のグローバー。
試合は阪神が2-0と勝ち越してましたが、もひとつ
盛り上がらない展開で、応援も盛り上がらないので、
なかなか寒さがしのげない。

c0033213_15124517.jpg

ようやく8回の裏、この試合のハイライトがやってきました。
2塁走者の藤本をおいて、4番浜中のオープン戦初HRが
飛び出しました。
弾道が低いので、入らないかと思ってましたが、
見事レフトスタンドに突き刺さりました。
いや~、良かった良かった。
これで調子に乗っていけそうです。

守備でも好返球で本塁でタッチプレーで刺したし、打撃に守備と
万全な状態となった浜ちゃん。
今年は期待してるぞ!

反対に巨人のエラーの多さと拙攻には、もう苦笑い。
準1軍のメンバーだからしかたがないですが、それにしてもお粗末。
競争意識が少ないんだろうな、巨人は。
今年もカモに出来そうです。

それにしても寒い甲子園でした。
まあ、「六甲おろし」を歌えて浜ちゃんのHRも見れたから
良かったかな!

次回は26日の横浜戦に行きます。
(京セラ?)大阪ドームなので、寒くはないので安心。
[PR]
by fyamasan | 2006-03-13 15:15 | スポーツ

それぞれの生き様に

明けましておめでとうございます。
今年も日々更新で映画ラブ、阪神ラブ、格闘技ラブ
料理ラブなどを伝えられたらと思いますので、
宜しくお願いします。

ブログ通りに年末は、さいたままで出向き、
「プライド~男祭り」で盛り上がりました。

今回のテーマは、「頂~いただき~」であり、
その心は、
「生き様を倒すのは、生き様」。
各戦いにおいても、それぞれの選手の生き様が見られた
ように思います。

c0033213_15233240.jpg


俳優業を中断し、プロの格闘家のリングに立った金子賢。
秒殺で試合が終わるだろうとの予測を覆し、4分ほど戦い、
一瞬は勝機もつかめたので、まずまずのデビュー戦では
ないでしょうか!

c0033213_3471948.jpg


修斗時代の先輩(桜井・マッハ・隼人)と、後輩(五味隆典)で
争ったライト級のチャンピオンシップ。
後輩の五味が勝つ結果となりましたが、先輩のマッハが
これからどんな意地を見せてくれるのかが、楽しみですね。


c0033213_3493798.jpg
共に、オリンピックでの
メダリストの小川と吉田。
こちらも先輩後輩の間柄
ながら、犬猿の仲と
よばれるぐらい仲が
悪かった二人。
どんな試合が見せてくれる
のか、わくわくして、
楽しみでした。
あくまでもプロレスラーとして、
試合をした小川と一格闘家として
試合をした吉田の差が、
結果に繋がったのでは、
ないでしょうか。

ただ、勝つ為に、初めて柔道着を
脱いで試合に臨んだ吉田は
試合には勝ちましたが、負けても
試合・試合後を盛り上げた小川には、勝てなかったですね。
吉田劇場を作れずに、小川劇場を作られてしまった。

小川が橋本真也のテーマ曲「爆勝宣言」で入って来た時は、
プロレスファンとして、涙が出そうになりました。

その他、11試合ありましたが、どれも各選手の生き様を
見れた試合でした。

今回、負けた選手が、これからどんな生き様を見せて、
勝った選手の生き様を超えてくれるのか、それが一番
見たい所ですね。

特に、金子賢、近藤有己、桜井・マッハ・隼人の三人の
生き様には要注目です。

もっと熱くなれ~格闘技界!
[PR]
by fyamasan | 2006-01-03 15:50 | スポーツ | Comments(0)
日刊スポーツのサイトでこの記事を
見て、びっくりというか、とうとうここまで
きてしまったか!

「新日本が株売却で事実上の身売り」

プロレスの老舗の新日本プロレスが
事実上の身売りとは。
メジャー団体でプロレスを引っ張っていたが、
昨今の総合格闘技、k-1ブームには勝てなかった。

同じサイトには、次の記事が

「小川-吉田!大みそかPRIDE決戦」

c0033213_3324234.jpg


総合格闘技で世界最高峰のリングを提供する
プライドで、ついにこの試合が。

共にバルセロナ五輪でメダルを取った、
小川直也と吉田秀彦。
同じ明治大学出ながら、今まで犬猿の仲として有名で、
このカードが組まれる事はないだろうと思っていたのに。

こんな試合を組まれたら、プロレスはお手上げ状態に。

プロレスLOVEを言いつつも、僕も大晦日は大阪ドームで
「ダイナマイト!」(k-1主催の総合格闘技&k-1)を見に行きますが。

何とか客を呼べるスター選手が出てきて、総合やk-1に
負けないプロレスの試合を見せないと、やばいです。

何とか、頑張って欲しい、我が愛しのプロレスよ~!
[PR]
by fyamasan | 2005-11-15 03:37 | スポーツ | Comments(0)